忍者ブログ
TSUYOSHI DOMOTO 溺愛ブログ
2019 / 12
<<    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
[642] [641] [640] [639] [638] [637] [636] [634] [633] [632] [631
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
8日の曲レポ。
9日はちょろっと変わってました。
盛り上がり曲が増殖!

中にも書いたんだけどこれはネタバレでもなんでもないことを。
曲順やらなによりも、音が悪すぎます!
なんでー(@_@)
もうすっごくもったいないよー。
なんせ声が、2人の声が会場に響いてこない。
バンドの音がでっかすぎるんです。
これじゃいくら2人ががんばって歌ってくれてても感動するものもなかなかできやしない。
それでなくても、今回はいろんなところで歌うのでイヤモニもマイクも音とりにくそうなんだよね。
それ以上に、ほんとに。
これは改善してほしい。

2人の歌声をホールに響かせてください。
お願いします。

といいたいことゆった!いうわけで、どうぞ(笑)




KeyWord:Family 2010-2011 KinKiKids コン レポ

拍手


今回は奇抜な感じで出てくるとかは一切なし。

初めも普通に前のところから現れます。
もやもやっと白くなってた気がする。
なんだか壮大な曲が流れて、2人でばーん、としばらくたっています。
そのあとおもむろに両側に分かれて、え?え?と思ってるとそのまま花道をゆっくりと別れて歩き出すのです。
おおおー新しい(笑)
福岡は会場が適度にちっちゃいのでほんと近くまできてくれました。
8日はほんとにネ申席で…(>_<)
花道はスタンドとアリーナのところにうしろまで出来てて、バックステージも作ってあります。ぐるぐるっと歩いて1周できます。
そしてそのままバクステまでいって、そこでお互い交差するのですれ違うのですが、
ここで!うわーん、ハイタッチ!
いきなりやん!いきなりきたよーーーっ!
歓声がすごい、ま、あたり前(笑)

そのまま一人ずつリフターに乗って、

♪きみがいるから
♪僕がいるから

「Family」から始まりました!
そのあと、「スワンソング」。
ダンス付きなんですけど、短めなんですね、それで最後のところ向かい合うのですがそれだけでは終わらず、お互いに片手をまっすぐに相方に向かってあげます。
…なんか照れる。

ちょいちょい入れてきますよ今回(*^_^*)

スワンの途中から今度は逆の向きで前のステージまでもどり始めます。
それの途中の時に後ろの方に風船があってそれが割れて、そこからひらひらとしたものが落ちてきます。
銀テをリボンにしてるのが落ちてきました。

前に戻ってきたら、「硝子の少年」。
これはフルで歌ってた気がするなー。
もちろん踊ってくれてますよ!

そしてこれが終わったら1回目のMC。
MCはまた別にしますねん。

なんか何度も何度もその花道を通ってきては戻っていきをくりかえしてくれるので、いつがどうだったかあとはあんまり覚えてましぇん。
MCのあと1度はけてきんきたんはお着替え中。
その間、シングルを曲だけでメドレーで流れててMA,MADが踊ってるんですけど、前のビジョンにはその若いころからの映像が映るんです!
すっごいなつかしいー!!!!
いろいろ映りますよ、ほしいーって思った(笑)
剛さんがローラスケートしてるのとかこういちさんがSHOCKばりにロープぐるぐるとか、剛さんがコウイチのマネしてキャベツ切ってるのとかこういちさんがでっかいマイクで溺愛うたってるのとかね。
ああ、いろいろと懐かしす。

それできんきさんが出てきて、「フラワー」。
ここらへんから曲はいっぱいあるけどだいたいワンフレーズだけとか、1番だけとかメドレー形式で流れていきます。
その後は「ジェロマ」!
ピッピピッピッピーです。
「やめないで、Pure」、これ確か踊ってくれてた気がするの。かっこよかった~!
両端に分かれてたから剛さんがん見しちゃった。
「ふらいんぐ・ぴーぷる'99」。
このころからまた花道だった気がする、うんそうそう。
次の、「Happy Happy Greeting」のときこうちゃん目の前で歌ってた。
そうかー、1日が楽しみだなあって思ったの。
こうちゃんのお誕生日、ね。
おめでとおめでと、こういち♪ってうたってくれるかなw

「全部だきしめて」。
「キミは泣いてツヨくなる」。
これ!これバクステで踊ってくれるのーーーーー!テンションあがるーーー!
「欲望のレイン」
「No Control」
そして、「スッピンGirl」
これ、剛さんの「うぉーううぉーういぇー」からはじまるのー!かっこいいー!!
そ、し、て。
ここらへんがたぶんトロッコでてたはず…。
もう記憶がないのですけども。
というのももうほんまにトロッコの真横席やったのです!
それもそれも剛さんの…。
手を伸ばしたら届きそうなくらいなところに剛さんが通って、さらにすこし先のところでトロッコが止まったんです…。
もう、あのちょっと涙ぐみました(^^ゞ
だってだって、剛さんがぁぁぁぁ、こんな実物大な感じで目の前ですよ!
まさかまさかでした…。
しかも、歌の途中だったと思うんですけど(担当のとこじゃないとき)近くにいた方のなにかがおかしかったのか、めちゃ笑顔になった剛さんがいたんです。
うわー、笑顔もらっちゃった。
あー、なんかいろんなこと覚えてないんですけど!もうわたしの眼球ったら…(>_<)
その時の衣装のブラウスがかっこよかったなあ、ってそれを覚えておりまする。←なんか意味なし…。
「このまま手をつないで」が終わってこれまた大MC。

MCの時にMA、MADを呼んでギターを持ってきてもらっていて、ここからは2人で作った曲を全部やりますってことで、
「好きになってく 愛してく」から。
始まる前に2人曲全部やるかなあとかゆってたんですけど、ほんとに全部してくれるとはね♪5×9=63はないですけど(笑)
なんかやっぱり今回の新曲たちもいれてですけども壮観でした。
2人が作ったということで発表のたびに思い入れ深く聴いてる曲ばっかりだしね。
途中にメンバー紹介もあります。
好きに、はほんとに1フレーズだけでしたけど、その後はけっこうフルだったように思います。
だから聴きごたえ十分。
次の「Music of Life」が嬉しかった。
なんかこの曲が出た当時よりもしっくりきてる気がしました。
お着替えのため2人ははけます。その間バンドの演奏とビジョンには壮大な景色。
そうそう、今回ははじまりから最後までテーマが壮大。地球とか宇宙とかそれくらいの規模です。

「愛のかたまり」
光を背負って2人登場。
すこし緊急コンを思い出させる感じで。
「銀色暗号」
後ろの背景きれいでした。

後ろの背景ビジョンとそこからつながる舞台のところが緩い斜めになってて、ここらへんのとこはそこの斜めってるところで歌ってます。
うーん、ちょっと歌いにくそうな気がしたんだけどねー。
斜めもそうだけど、どうもイヤモニ、マイクの調子がいまいちな気がしました。

「futari」
この曲アルバムだっけ、聞いたときどんだけ暗いねんって思ってたけどあらためて聞いたらええ感じでした(笑)
これもこーちゃんが詞だよね?
こうやって並べると結構書いてるやん(笑)
「恋涙」
これこれこれーーー!
なんと踊ってくれるのです!
ちょー、びっくりしたぁぁぁ嬉しかったぁぁぁ。
「Tears」
ここから今回の新曲ですね。
これもちろんダンスってます。軽いダンスなんだけど、これくらいのかんじすごく好き。
Tearsって歌詞ほとんどはいってなくて(^^ゞ、ぼくたちは~とかそんなんなんですけど、どうも頭にぐるぐる回るんだよね。
剛さんの曲だから?(笑)

「me ~地球のいろ」
ね!これ!ね!
うわーお!(笑)
案の定かっこよすーーー。
しかも、ですよ。
初めのところ2人近づいたなって思ったら腕を絡ませるのです。
腕を組む感じ。
そんで、曲に合わせてぐっぱぐっぱてするんですけども!も!
ええわあ。
ええ、ええ、みんな「きゃーっ!」ていいましたともさ。
だって、2人のダンスって絡むことってほとんどないもんね、スワンソングの肩ぽん、とか向かい合わせだけでもぎゃーゆうてたのに、腕絡ませるて!(笑)
そんでぐっぱぐっぱ。
剛さんのぐっぱぐっぱがかわいいのだー。
このために、衣裳の白い手袋をすることにしたに違いない!
この絡み残念ながら1回だけなので見逃さないようにお願いします!(笑)

「Family ~ひとつになること」
今回ストリングスもいっぱい入ってるし、もうめいいっぱいって感じの生バンド音でのFamilyでした。
実はあとでまとめて書こうと思ったんだけど書いちゃえ。
今回音がすっごく悪くて(>_<)
バンド音と2人の声のバランスが、もひとついうと剛さんのマイク音のバランスがめちゃめちゃ悪かった。
バンド音、めちゃでかすぎるんです…ストリングスとかブラス入ってきたら声聞こえない(泣)
せっかくせっかくすごく気持ちこめて歌ってくれてるのわかるんだけど、あまりにもそれが気になって集中できなかった。
だからほんとは感動を呼ぶところのはずなのに、ちょっとしらーってしちゃった。
これはわたしだけじゃないはず。
2日ともだったのでどうにかしてほしい。

ここで一旦インターバル。
少し長めにとってあって、街とかの背景のなかMA,MADがダンスでつなぎます。
「Kissから始まるミステリー」
これ…ダンス付き!
やっぱりいいよね、ここらへん。すっごいきんきって感じするわー。
こうちゃん回るたびに服がふわ~ん♪

なんだろうなあ、ここらへんの曲聞くと胸がきゅううううんとするんだよね。
きんき好きになったころだからかなあ。
その頃の感じが勝手に出てきちゃうのかな。

「カナシミ ブルー」
これ、踊ってほしかった。
でも残念ながら移動しながらだったような気がするなー。
のののーん。
「愛されるより愛したい」
はっきりいってじぇんじぇん覚えてません(爆)
「SNOW!SNOW!SNOW!」
これはもうステージ前にもどってた気がする。
この曲やっぱりいいねー。
花道に木に電飾つけたみたいなのを並べてあったよ、細かいなやること。
これ音がすっごい高いから、なんかすごかった。
それなのに音悪いから…もっと声響き渡るはずなのに…。
「Anniversary」
これのとき剛さんのマイク直った?とかおもってたんだけど単純にバンドの音数が少なかっただけかしら。
ちょっと聞いてるほうも気持ち良かった。

そして軽い挨拶をして2人はけていきます。

アンコール呼びこみをして、「KinKi Kids Forever」
初めは日本語で。
ふふふ、これ初め剛さんが歌って、つぎこーちゃんになったところでこーちゃん抜けてたみたいで(笑)
1フレーズだけ抜けちゃったの。
そのとき、剛さんも気付いてこーちゃんのほうをみて覗きこむようにしててかわいかった。
すぐに気付いて歌い出しましたよ。
その後、英語バージョンを、そしてまた日本語て感じで歌ってました。
前のビジョンにがっつりと歌詞がでてくるのでみんなで歌えますよ。

そして、こういちさんが一言挨拶。

ラストになりましたけど、今回はみんなとひとつになること、Familyひとつになることをテーマにやってきました。
こうして再びきんききっずとしてまたこの福岡という場所でやれてみんなと同じ空間を共有できてひとつになれたこと、ほんとにうれしく…、
(ここで、なんかが倒れる音がパーンとします、しーんとしてるので響き渡った)
えー、パンパーンともいいましたけど(笑)そのへんの部品もひとつになったんじゃないかと…(笑)
最後になりましたけど、もういちどFamily ひとつになることwみなさんで一緒に歌ってお別れしたいと思います。

そして3度目の「Family ひとつになること」

このとき前のビジョンにも2人の姿と歌詞が映し出されて、…いつもうつしてー!すっごく見やすいんですけど!
最近LED?映像がきれいにうつるからほんとええわー。
こういちさんのあとのところで剛さんは、
♪地球からどれほどの愛が火星へいくのだろう、と歌っていました。
ここにきてやっと二人の声が前面に押し出されて…って遅!
2人が大事に大事にこの歌を歌ってくれてるのがすごくわかる。
大事にしていきたいね、この歌。
そして、きんきっず。

きみがいるから
僕がいるから

このあとから、剛さんは完全に観客にマイクを向けます。
途中からこういちさんも。

ファンもちゃんと歌っています。
聞こえてくれてるかな。

ありがとう。


このあと、はけるまでとWアンコールとしてもう一度でてきてくれるのですが、これはMCのほうで!


てかMCこんな調子で書けるのかしら(笑)
時間くれー。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



ごあいさつ
ようこそ、いらっしゃいませ。

KinKi Kidsについて文を重ねています。とくに剛さん。
基本的に溺愛しております(*^_^*)そこから派生するいろんなこと、生きていることあっちこっちつつきます。
賛同していただけましたら、どうか拍手でも送ってやってください。
多少腐女子的傾向もありますので、お嫌いな方はお気を付けくださいね。

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
244_love
最新CM
[01/12 大翔]
[02/19 琥珀]
[01/21 えりさ]
[04/22 レイン]
[04/15 さや]
ぐーばー
最新TB
プロフィール
HN:
ymi
性別:
非公開
自己紹介:
あらゆることに手を出してますが、一つとして極めていません。

クリックで救える命がある。
メールフォーム
バーコード
ブログ内検索

Designed & PHOTO by TKTK


忍者ブログ [PR]