忍者ブログ
TSUYOSHI DOMOTO 溺愛ブログ
2019 / 11
<<    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
[1439] [1438] [1436] [1435] [1434] [1433
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

えー今回は「道は手ずから夢の花」という楽曲なんですけれども…まあほんとにすごく世界観のある楽曲で、えー、安藤さんご自身もですねこの曲をキンキに歌ってもらうにあたって、なにかこう夢の花に見立てて、えー、それを一人一人の手でおのずと道は開いていくんだ、というような意味を込めてこの曲をかかれた、とゆうふうにお聞きしました。


もともと安藤さんのそのデモテープ、音源、ま、そこに漂っていたその安藤さんの想いとかまあそういうものをやっぱり一番大事にしたいなあというところから、いろいろなアレンジなどまぁ続けて今日まで来ましたけどぉ。そのミュージックビデオどのようなものにしようかなといろいろな話の中で、ま、リリックの中に花というワードがありましたし、まぁ、僕自身は、んー、まあそうですね家でいろいろまあ、あのー独学ですけども生け花やったりとかいろんなことやって、まぁ花とは向き合って、こう生きてきてるところもありますしね、なんかこう花の、んーまあなんか儚さみたいなものとかね、ああいうものも、んーいろいろ感じながら生きてきていたのもあったんでね、なんかこう花っていうキーワードがすごく気になるなぁなんて思って…


やっぱり、その花というのは、夢の花、花というのは、こういろんな環境の中でも強く生きていくと思うんですよね。その花の気持ちを今回やっぱり自分でもこう体感して、あの、その気持ちでしっかりと歌いたいなあというふうに思いました。


僕なりにいろいろ考えた結果、うーん、自分が花になる、このミュージックビデオの中で自分が花と存在することがとても重要な歌なんじゃないかななんてふうに思って今回挑みました。







拍手

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
▲ HOME ▲ TU FUNK CON!CER-TUグッズ >>



ごあいさつ
ようこそ、いらっしゃいませ。

KinKi Kidsについて文を重ねています。とくに剛さん。
基本的に溺愛しております(*^_^*)そこから派生するいろんなこと、生きていることあっちこっちつつきます。
賛同していただけましたら、どうか拍手でも送ってやってください。
多少腐女子的傾向もありますので、お嫌いな方はお気を付けくださいね。

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
244_love
最新CM
[01/12 大翔]
[02/19 琥珀]
[01/21 えりさ]
[04/22 レイン]
[04/15 さや]
ぐーばー
最新TB
プロフィール
HN:
ymi
性別:
非公開
自己紹介:
あらゆることに手を出してますが、一つとして極めていません。

クリックで救える命がある。
メールフォーム
バーコード
ブログ内検索

Designed & PHOTO by TKTK


忍者ブログ [PR]