忍者ブログ
TSUYOSHI DOMOTO 溺愛ブログ
2019 / 11
<<    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

えー今回は「道は手ずから夢の花」という楽曲なんですけれども…まあほんとにすごく世界観のある楽曲で、えー、安藤さんご自身もですねこの曲をキンキに歌ってもらうにあたって、なにかこう夢の花に見立てて、えー、それを一人一人の手でおのずと道は開いていくんだ、というような意味を込めてこの曲をかかれた、とゆうふうにお聞きしました。


もともと安藤さんのそのデモテープ、音源、ま、そこに漂っていたその安藤さんの想いとかまあそういうものをやっぱり一番大事にしたいなあというところから、いろいろなアレンジなどまぁ続けて今日まで来ましたけどぉ。そのミュージックビデオどのようなものにしようかなといろいろな話の中で、ま、リリックの中に花というワードがありましたし、まぁ、僕自身は、んー、まあそうですね家でいろいろまあ、あのー独学ですけども生け花やったりとかいろんなことやって、まぁ花とは向き合って、こう生きてきてるところもありますしね、なんかこう花の、んーまあなんか儚さみたいなものとかね、ああいうものも、んーいろいろ感じながら生きてきていたのもあったんでね、なんかこう花っていうキーワードがすごく気になるなぁなんて思って…


やっぱり、その花というのは、夢の花、花というのは、こういろんな環境の中でも強く生きていくと思うんですよね。その花の気持ちを今回やっぱり自分でもこう体感して、あの、その気持ちでしっかりと歌いたいなあというふうに思いました。


僕なりにいろいろ考えた結果、うーん、自分が花になる、このミュージックビデオの中で自分が花と存在することがとても重要な歌なんじゃないかななんてふうに思って今回挑みました。







拍手

本文を読むにはこちらからパスワードを入力してください。

拍手

さてさて、いらぬ分析をば。
なんか今回は楽しそうだぞー♪

さらっと見てもわかるとおり、これは今まで出した曲のパク…いや、アンサーソング的な?
去年剛さんが歌ったモチミスじゃないけど、おもしろいんじゃね?ってことになったんじゃなかろうか。
などと。
どなたかがおっしゃってたんだけど、シングルではこれでもか!っていうくらいの失恋につぐ失恋なくせにアルバムの曲名ったらどうよ(笑)
あまーいもんが漂ってるじゃないですか。
いやはや、どした?


☆CD収録曲☆ 全23曲 
<side Moments - DISC 1>

01:Be with me
訳して「いっしょにいて」、いや、照れるないきなりか!
これ、Stay with me~ 硝子の少年時代の♪ だろうか。でももう一曲↓にもあるんだよなぁ。

02:我儘
これ珍しい感じ、漢字二文字、約束しか思いつかん。あ、情熱もあった。
(シングルで)

03:たいむ・とらべ・らばーず
これ、うまいなー。

04:エゴイスティック・ロマンス
これはジェロマやな!ジェットコースターが過ぎてエゴいっちゃった(笑)
利己的、自分本位、自分勝手。でもロマンスなんやね。

05:SPEAK LOW
訳すと、低い声で話す, 声を低くして話す、のようなのですが、これはどうも(愛を)耳元でささやく的な感じなのですと♡
ふふ、ふふ。
なんか大人やなぁ。こないだの剛さんのおパンツの説明思い出すなぁ。

06:Want You
ずばり、あなたが欲しい、でつか?
調べてたら、御中 Want youってのがあって笑っちゃった。

07:aeon ★
イオン(お買い物の)ちゃうで!(いや、しらんけど)
ラテン語で「永遠」って永遠の日々っすか。また泣かせますか。うるうるしちゃいますか。
ちょ、ちょっとまてい(自分)
「永遠に」と「永遠の日々」と両方あることを失念していた、というかごっちゃにしていた(笑)
甘い声で歌うこーちゃんの永遠の日々も好きだよw

08:僕らの未来
ほら、また未来語っちゃう。いや、前向きやなぁ。

09:Glorious Days ~ただ道を探してる
これはいい曲だもん、たくさん聞いてほしいね。Lライブでも聞かせどころだったな。

10:もう君だけは離さない
もう君いーがい、愛せない~、ほかにどんな敵があらわれてもぉ♪
もう君いーがい、愛せない~、またここできみと約束したよぉ♪
たとえ、世界が滅びても~・・(もうやめとけ)

11:Two of Us
二人で、二人で、わたしたち二人っきりで。
usのビデオ見返し隊。
いや、まあそれにしても今回のふたりぼっち感半端ない。

12:Where is ★
「どこにあるの」
何を探してるのかな?

13:EXIT
「出口」なんだけど、うん。
これは、「愛されるより愛したい」じゃないかという話が。
愛愛の題名が決まる前、EXITだったらしいのよね。これって未満都市の主題歌だかんね。
でもこーさんが、愛愛のほうがいいって。
未満都市の主題歌といえば、アルバムにはいってるイノセントウォーズね。これになるはずだったんだよね。
坂本さんの自らコーラスボイス入りで、好きな1曲。

14:Stay Together ★
いっしょにいるよ、なんだけど調べたら「特に問題発生時に、お互いに忠実である」だって。
うわお。
なんたるキンキキッズ的な!


<side Memories - DISC 2>
01:Rocks
1997/7/21発売「Aアルバム」1曲目。
これって申し訳ないけどすっごい剛さんが歌ってるイメージが強いんだよなぁ。
なんでだろうね、ソロでも歌ってたからかな。
ちょうどあの時期の感じがぴったりだからかしらね。

02:せつない恋に気づいて
1997/7/21発売「Aアルバム」5曲目。
これ嫌いな人いないよね?
まさか今の声で歌い方で聴けるなんて…なんてお得感。

03:このまま手をつないで
1998/8/12発売「Bアルバム」11曲目。
これは切なくなる曲。だってだって、コンのラスト曲なんだもんなぁ。
これもだいだいだいすきーな1曲。

04:雨のMelody
1999/10/6発売「8枚目シングル」
これ聞いたとき切なかったなぁー(若かりし頃w)
どうにもこうにもね。キンキさんの年齢でいくと大人っぽい歌うたうなあって思った覚えがあります。
ダンス付きで披露してほしい。

05:もう君以外愛せない
2000/6/21発売「10枚目シングル」夏の王様と両A面
この曲はもういっぱい思い出がありますね!
真面目な曲なのにわらえちゃうエピもあるしね。
Lコンでの披露ではなんかもう泣きそうになる場面ですよねー。
いい歌だもん。
この歌のふたりぼっち感、すごいもん。
きんきさんが歌うと「君」がもうひとりの堂本さんになっちゃうんだよね(変な意味じゃないよ)
幼い頃から二人でやってきた、守ってきた、これからも守っていくその感じがねどうもリンクされてしまうんだろう、一曲。
 
06:愛のかたまり ★
2001/11/14発売「13枚目シングル」HEY!みんな元気かいCW
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
なんだよ、もう。まさかのー!
愛かたってどれだけ歌ってもほんと寂れないんだよなぁ。
いまの声で聞けちゃうのかぁ。贅沢。

07:HAKKA CANDY
2003/8/13発売「18枚目シングル」薄荷キャンディーが元表題
これは、どした?
なじぇに英字。何が隠されているのやら。

08:Bonnie Butterfly
2003/10/22発売「Gアルバム」1曲目
これも、(´゚∀゚`)キタコレ。
だいだいだいすき曲。
今のでもかなり十分なのに、これ以上のもの出しちゃうの?うひーって感じ。
この曲をコンで歌うとDVD盤がでないとまことしやかに囁かれていたのですが、いやこの間でたけども(笑)
楽しみすぎるなぁ。

09:恋涙 ★
2005/11/16発売「Hアルバム」3曲目
これもだすか…。
ほぅ(幸せのため息)。
言うことないよなー。ありがたいありがたい。
存分に楽しませていただきます。

★は通常盤のみボーナストラック


分析ゆうほどなんもできてませんけど、ひとつひとつ楽しみ♫
side Momentsのすべて甘甘な感じ。
side Memoriesの懐かしくてきっと新しい感じ。

どちらもとても楽しみ。

初回盤にはDVD付き。
内容はまだまったく未定なんだけど、なんだろうな?
メイキング的なものをつけてくれたらとっても嬉しい。
あ、むかーし1回だけあったそれぞれの日常ぽいのでもいいな。
うーむ、なんだろう。

拍手

キター!!!

なんだよなんだよー、水面下で動きすぎだよぉ、きんきたん。

なんと、12/10「Mアルバム」発売ですと!

(LはラストのLではないぞ、誰かさんたちぃ。ふっふー)

ライブ的にもLアルバムで残してる曲もまだあるし、今年は出ないのかな?と思ってたらいっきなりきたわこれ。
剛さんがなぁ、かしらんライブの時にソロは隙間を縫ってみたいなことゆってて、ん?と思ったんだけど、まさかアルバムまでつくってらっさるとは思わず。
こりゃ二人とも忙しかったなー。
こーちゃんがどヤで妙に古いアルバムみてんなとか思ったあの頃からか。
伏線ありでしたな。

それで、テーマは「Memories & Moments」。

『進化するKinKi Kidsを、時間の流れに置き換え、この2ワードで表現した2枚組アルバム。
Memories-記憶-は、リアレンジによるセルフカバー。
Moments-瞬間-は、新曲と「Glorious Days ~ただ道を探してる」で構成。
初回盤にはDVD付き。 通常盤にはボーナストラック5曲を収録した、全2仕様でリリース!!』

ここにも戻ることが未来感きたか?
そして、曲を見ると内容がこれ半端ないんですけど!
てんこ盛りとはこのことですかね?(笑)


●初回盤●


①三方背ケース入り
②3枚組(2CD+DVD)
③32Pブックレット

☆CD収録曲☆ 全18曲 

<side Moments - DISC 1>
01:Be with me
02:我儘
03:たいむ・とらべ・らばーず
04:エゴイスティック・ロマンス
05:SPEAK LOW
06:Want You
07:僕らの未来
08:Glorious Days ~ただ道を探してる
09:もう君だけは離さない
10:Two of Us
11:EXIT

<side Memories - DISC 2>
01:Rocks
02:せつない恋に気づいて
03:このまま手をつないで
04:雨のMelody
05:もう君以外愛せない
06:HAKKA CANDY
07:Bonnie Butterfly

☆DVD☆ 収録内容・時間未定


●通常盤●

①2枚組(2CD)
②28Pブックレット
③Bonus Track 5曲収録 (通常盤のみ)
 
☆CD収録曲☆ 全23曲 

<side Moments - DISC 1>
01:Be with me
02:我儘
03:たいむ・とらべ・らばーず
04:エゴイスティック・ロマンス
05:SPEAK LOW
06:Want You
07:aeon ★
08:僕らの未来
09:Glorious Days ~ただ道を探してる
10:もう君だけは離さない
11:Two of Us
12:Where is ★
13:EXIT
14:Stay Together ★

<side Memories - DISC 2>

01:Rocks
02:せつない恋に気づいて
03:このまま手をつないで
04:雨のMelody
05:もう君以外愛せない 
06:愛のかたまり ★
07:HAKKA CANDY
08:Bonnie Butterfly
09:恋涙 ★

★は通常盤のみボーナストラック

初回盤には収録不明なDVDがついて、通常盤には5曲プラスでついてくるってことですか。
 
あと、両方同時に購入したらオリジナルトートバッグがついてきます(先着)。
【サイズ】布面積:横35×縦21cm(取っ手も含めた縦:32cm)
厚み:取っ手部分 3cm弱、布部分:1cm弱

オリジナル、ってとこね。
期待はしてはいけないわね(笑)でも欲しいのである。

ご案内はこれくらいにして、次回はいろいろ分析。


 
 

 


拍手



ちょっと話に出たので、キンキさんで今までに剛さんがなんかで絡んだ曲たち一覧。

・ひとりじゃない
 Aアル。

・Slowly
 Bアル。堂本剛、作詞作曲。

・ずっと抱きしめたい
 Bアル。作詞に関わっている。

・さまざまな愛
 Cアル。堂本剛、作詞作曲。

・十二月
 Dアル。堂本剛、作詞作曲。

・百年ノ恋
 Eアル。堂本剛、作詞作曲。PVあり。

・WINTER KILL
 Fアル。堂本剛、作詞作曲。

・ひらひら
 Fアル。堂本剛、作詞作曲。二人で歌ってる。

・愛のかたまり
 Fアル。堂本剛、作詞、堂本光一、作曲。二人。

・黒い朝・白い夜
 Gアル。堂島孝平、作詞作曲。

・ORANGE
 Gアル。堂本剛、作詞作曲。

・恋涙
 Hアル。堂本剛、作詞、堂本光一、作曲。二人。

・Breath
 Hアル。河口恭吾、作詞作曲。

・Love is the mirage...
 Iアル。トラックダウンに関わった。編曲、十川知司。

・futari
 Iアル。堂本光一、作詞、堂本剛、作曲。二人。

・unchanged.
 Φアル。

・銀色暗号
 Φアル。堂本剛、作詞、堂本光一、作曲。二人。

・Family 〜ひとつになること
 Kアル。堂本剛、作詞、堂本光一、作曲。二人。30thシングル。


シングルも含めるとまだあるけど、とりあえず。

 

 


拍手



雑誌

10/15 月刊Songs11月号(剛)、週刊TVガイド10/24号(表紙、剛)

10/16 TVnaviSMILEvol14(表紙、KinKi、剛)

10/17 オリスタ10/27号(KinKi、剛)

10/20 BARFOUT230(剛)

10/22 週刊ザテレビジョン10/31号(表紙、KinKi)

 

その他

10/19 トーキョーライブ 小山くん

10/20~22 ftrラジオ

10/22 L DVD発売(KinKi)

10/24 パンツ通販申込み〆(剛)

10/26 トーキョーライブ 剛

 

ちょいまとめ。

なんか急にいろいろと出てくるんだもんなー。

 

それにしてもトーキョーライブの雑誌の剛さんの顔、笑顔がすっごい硬いのだけども。

どした?

一人ポスターのやつはすごくいいのに、表紙とか5人そろってるやつあきらかにアルカイックスマイル。

…ちょっと昔思い出すくらいの作り笑顔なんすけど。

 

忙しい時期だったのかなー。

ジャニ仲間でも人見知り発揮しちゃったのかなー。

 


拍手

スケジュール1月から3月。

1/8   TV   剛:NHKココロ見「時」(前編)
1/10  TV   光:NHKちょこっとサイエンス
      雑誌  剛:FINEBOY
           K:オリスタ
1/13  TV   剛:NHKココロ見「時」(後編)
1/14      堂本兄弟収録日
1/15  DVD  剛:平安神宮2012 「ヒトツ」
       BR   剛:shamanippon「ラカチノトヒ」
      雑誌  K:月刊 Songs (ソングス) 2014年 02月号 [雑誌]
           K:QLAP! (クラップ) 2014年 02月号 [雑誌]
1/17  雑誌  K:オリ☆スタ 2014年 1/27号
           K:TVnavi SMILE vol.11(テレビナビ首都圏版増刊)2014年3月号
1/18  チケット 光:SHOCK帝劇枠当落、一般枠申し込み
1/19   TV   K:チャートバスターズR!」(RKB毎日放送)RUSHコメント
1/23  雑誌  K:SODA(RUSH)
           K:ポポロ(Lコン)
1/31   TV   光:NHKちょこっとサイエンス

2/1    雑誌  剛:Domani
2/2    TV   K:堂本兄弟(生田斗真ゲスト)
2/4~  舞台  光:SHOCK初日
2/5   雑誌: 剛:音楽と人
          K:週刊ザテレビジョン
2/6    本    剛:ココロの話
2/7   映画  K:RUSH公開
2/10  雑誌  剛:FINEBOY
          剛:Rolling Stone
2/12   アルバム 剛:shamanippon-ロイノチノイ
      雑誌 剛:週刊ザテレビジョン
2/17   TV   剛:NHKココロ見「個」(前編)
2/19  雑誌 剛:BARFOUT!(222) 堂本剛
2/20  雑誌 剛:CDジャーナル(表紙)
2/27   TV   剛:NHKココロ見「個」(後編)


3/14   TV   光:NHKちょこっとサイエンス
       本   光:僕ファン2

3月未定  Sg   K:Glorious Days

こーさんのSHOCK関連雑誌は抜けてますけどすんませー。
雑誌にちゃりーんはまだまだ続く…たぶん…(笑)

拍手

昨日の堂本兄弟みられました~?
またまた大人数ゲストだったんですけど、そう!こういうときのすばらしい構成がありますね。

二人が隣同士で座るという…!

昨日のは最近収録したやつなのかな?(覚えてないけど)
二人なかよしさーん!
シングルだしてから年末のライブまで結構いっしょにいたので、いつもの二人の空気がね、満載なんだよね。

まず、NMBの子たちが自分たちの特徴として大阪ぽくコケるのが得意、と。
それを受けて剛さんがおもむろに、立ち上がってなんやかんや話し出します。

「きみたち、きらきらした衣装着て」うんぬんっと。
みんな「?」って顔して、何が始まったのだという雰囲気の中、着てたカーディガンを脱ぐつおし!
脱いだらなんと下はベストwwwわきチラwww(それはおいとけ)
たかみーとかなにがしたいの?みたいなことをゆってるんだけど、ここで脱いだカーディガンをそのまま着る!

それでまだ誰もなにがしたいのかわからないなか、「着るんかい!」とこーちゃんがすぐさま台を持って下に避難。
これがもう早いの~!
このやりとりがたまらんのです。
耳打ちキッズはもちろん萌えーだったけど、私はこっちも二人の長年のあうんの呼吸が見れてすっごくすき。
しかもひつこいので2回やる。
2回ともすぐに避難。
たのしいなー、きんききっず。

この回つおしさんすっごいおしゃれさんでねー。グリーンで統一してるんだけど、ラフなんだけどだらっとしてなくていいわあ。
うーん、かわいい。

この後も隣同士なのもあって、いっぱいいっぱいツボはあるんだけど。
剛さんの所作で好きだったのは、やらしー言葉なるものをたかみなが聞きだして、それを耳打ちで教えてみ?って感じで
耳に手をやるんですけど、これがね!
なんなーん!すっごい好き!
(あとで写メる)

手を親指側をあてるんじゃなくて、小指側を頭にくっつけてるんだけど、なんだろうすっごい好きな感じ。
たかみなちゃんとのやりとりもかわいいしな~。
ほんとかわいがられてるよね。

ちょっと脱線。
たかみなちゃんといえば、先日NHKの若者を考える的なトーク番組にゲストで出演されてたそうな。
そのときの発言がとてもしっかりしてて、めっちゃ絶賛されてたんだけど、なんかうれしかった。

で、結局こーちゃんはテンションがあがりすぎるから後でってことになって他のみんなは聞いちゃうのね。
ここらへんのこーいちさん、えらいかわいーのよなー。
ソファに膝でのりあげてたり、剛さんを越してききだそうとしたり。

んで、これな。



ここに至るまでの、剛さんの肩とんとん、とか。
終わってからの無表情どやとか。
「なんで今ゆうたん?」のあとの破顔した顔とか。

コマ送りでおおくりしたいわ(笑)

そしてそのあとのギターを奏でる剛さんの二の腕、うきゃーw
かっこいい。

大人数ゲストだったけどかなり楽しめた回でした♪

(時間なくてぶっとばしですいません)

拍手

いま、東京でカウコン待ちです。
今日が大晦日だなんて信じられない(笑)
…と、毎年思ってますが。

今年一年、お付きあいいただきありがとうございました!
春からとてもとてもたくさんのシアワセをいただいた年でしたね。
カバアルバムの露出できゃいきゃいゆってたら、ドラマ、シングルと何気にずーっとなんやかんやが続いていたという。

今年の雑誌購入率すごいです。

夏には花火、秋にはフェス、平安、そして小喜利と続き、最後はKinKiさんのキラキラ剛さんで締めですよ。
なんて贅沢三昧な一年だったのか。

剛さん自身のライブこそなかったものの、ファンにとっては限りなく嬉しい一年でしたね。

瞬きシングルという宝物をいただいたり、フェスで久々のケリーも体験できました。

今年の剛さんの何が一番すごかったかというと、ビジュアルがかっこかわいいまま年末を迎えたことです(笑)
来年のDVDが楽しみだね。

時間なくなってきた!
とにかくありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

拍手

12月12日、Lにちなんで12日にLアルバムのスペシャルイベントがありました。

実際もやもやしているのです。
こうなるのはわかりきってたのですけども。

今回は日程がキツイこともあって申し込みもしてなかったんですが、当選で喜ぶ方にスッキリせず(ごめんなさい)、当日も始まるまでは撮影OKだったようで、事前にしゃれたケーキや飲み物がアップされてたのですが、それをみてもさらにスッキリせず、モヤモヤが募るばかり。
約1時間で終了したイベント後、行かれた方がいっぱいレポ落としてくださって…。
剛さんがいつものように、みんなでフェアして、って。
うん、…まあ。
でもね、つおし、その場の出来事をフェアはできるかもしれないけどね、でもね、幸せじゃない気持ちは失せないのよー。

歌を6曲?合間合間にMCもはさんでて。
聞けば聞くほど楽しい催しだったようです。

Lアルバム イベントまとめ

昨日のMCで好きなとこいっぱいあるんだけど、一番のお気に入りは剛さんが最近眠いってゆったときにこーさんがこの間のラジオでも始まるまでは元気やったのにはじまったら仏像みたいやったで、と。
剛さんは歌をきいてるうちにかなり眠気が襲ってたっぽい。
ふふふ。
こーさんが剛さんを例えるの珍しいなあとかおもったり。元気やったのにっていうのもうれしい。
ただただこうゆう日常に溢れた会話がうれしいんですよ!きっずさん!

あれだよね、最近一緒にいることが多いせいか「二人」でいる雰囲気はまさにキンキキッズを彷彿とさせるっていうか。
これだよねー、こののほほーんだよ、って思う。
こーさんはなんかテンション高くて、適当に暴言吐いてたり。
剛さんは、なんかあちこちで眠いってゆってたり。
こーさんは自分がなにをいおうが、隣からフォローがあるのわかってるからあんま考えずにしゃべってて、剛さんはお隣さんがいるから自分だけっていう緊張からたぶん解き放たれてるんだろうなーって。
一人だったらさ、あんまり暴走もできないじゃん?
突っ込んだりふわふわしたり、ソロじゃなくて二人であることを一番実感してるのは二人かもしれないなー、なんて。
っていうかしてください。

このイベントがあってね、WSとか雑誌とか露出につながってるのはとっても嬉しいの!
こうゆうのあるとやっぱり一般の方とか、軽いファンの方の目に触れて、へー、アルバムでるのねっていっぱい言われてるのよね。
だからほんと露出大事!

ただ。

120人(12にこだわるわね)入ったそうですよ。
あんまり言いたくないけど、それでもいいたい。

キンキさんといっしょにすごしたい人は何万人といるんです!

数年前からこういう形のスペシャルイベントが増えて、全く参加できない私のような人もいればどれにも参加できてるような方もいる。
そりゃーね、拗ねるよ。

あんまいいたくないからいわない。
ただ、せめてDVDは大盤振る舞いしてくれませんか。
なんなら販売していただいて全然かまわないのに。


そして、一番スッキリしないのは日テレの「スッキリ」で流れたのに予約してなかったことだよ~~!
なんてこったい(>_<)




拍手

昨日から毎年恒例、FNSの楽屋からおおくりするどヤの季節がやってきました。
お二人そろっての登場です。
しかもテンションがありえん高い(笑)

はがきでFNSの時に収録してるラジオが楽しみですっていう内容で、まさしくその通りだったようで。

T「オマエの今・・座席の下に、オレンジのなんか知らんけどシート敷かれて、さてはオマエ髪切って染めるつもりやろ」
K「その・・さてはです。もう始めるとは思ってなかったから、ちょっとオレもびっくりやけど」
T「もう、つるっぴかにしちゃってよ」
K「つるピカハゲ丸」

剛さんがおまえっていうのなんか久しぶりに聞くようなーw
大抵大人しく光一くんとかお隣とかいうことが多いもんね。なんか嬉しかったり。
ここんとこ一緒にいることが多いからかなー。
そんでこーいちさんが始めるとは思ってなかったのは、髪の毛ですか?ラジオですか?
どっちにしても恒例すぎやろ(笑)
自分でハゲまるとかゆっちゃってるし、剛さんそこまでゆってないし(*^。^*)

普段のラジオで剛さんの担当の時、車の音が入ってたりするというはがきから、こーさんは「おれはQR行ってるな」、と。
対して剛さんは「あ、僕行ってないです」ってさらっと。
こーさんが、どゆことそれと聞きますが、わかんないですって、剛さん。ふはw
QR(アールの発音良く)の発音良すぎて止められちゃうんですよ、などとまた適当な理由をつけだす剛さん。

ここにも映画RUSH吹替えの余韻が!(笑)
ここんとこずーっと発音に関してなんやかんやということが多いのはたぶん英語に触れる機会が多いからかな、なんて。

そんでもうこっからですよ。
わっちゃわちゃですよ。

社会科の先生フェチがセーフかアウトかというはがきを読んで、最後に「実に面白い」といきなり物まねを始めるつおし。
「…福山さんがいる」とぼそっというこーさんがたまらん。
こうゆうの絶対無視しないよね、乗っかるよね、しかも普通に!

この後も「実に面白い」「きらいなんじゃない、苦手なんだ」と真似続けるも、初めのほうが似てたとこーさんに言われて、

「べいべっ」「ん~~っ」

と真似する人を変更します、あっはっは。
それでまた「…玉置さんや」とぼそぼそのっかるこーさん。

なにこの雰囲気!もう!

玉置さんがおるってこーさんにいわれて、「でんえ、ん~~♪」とかやりはじめて、盛りすぎや!とこーさん。
「えー、盛りすぎぃー?こんなんやったけどなぁ。泣かないで♪ひっとりで~♪いつかの堂本兄弟で…ほほえんで♪みっつめて~♪」
とうとう歌いだします。

K「ええからはよいけや(笑)」
T「あなたの~♪そばぁーにいるから♪」
K「もうええから、次行け、つぎー」
T「ふふっ、ぼくがアウトでーす」

ってね、これこれこれー。
これぞきんききっずー!
次とかいわれて大人しくするわけもなく、やりたいだけ続けちゃう自由自由♪
いくらでも引っ張っちゃう。
あーたのしいな!

んでこの後、誰か探してた人が入ってきたのか、こーさんが「おれの上着ない?」とたぶん席外して聞いてます。
剛さんはそのまんま「上着はねー、さっきすてましたー」とか自由発言してて。
そのあと、こーさんが

「ちゃうわー!ぼけー!」

とマイク外れながらもいきなり怒ってまして、あっはっはっは。
それに対して、剛さんと周りのスタッフさんが「こっわいな~~。瞬間湯沸かし器ですねー、冬はいいね」などとのんきそのもの。
剛さんはたけしさんの「アウトレイジだな、バカヤロウ」とかまた別の物まねしてるし、もうわっちゃわちゃ。
「ちゃうわー」といいつつ席に戻ってきたこーさんに、「衣装の上着渡されてたな」と剛さん。

これが剛さんのフォロー。
こーさんが怒ってもしゃーないよ、と。

こーさんが剛さんに怒ったんじゃないかと勘違いしてる方がおられたみたいなんですけど、まさかー(*^_^*)
ふはは、ありえん。
こーさんがどんだけ剛さんに甘いか(爆)

このあと歌にいくんですけど、

T「むくのはね、どうぞ…べいべっ」
K「…あ、いた(ぼそ)」

拾うな~さすがやなっ!


昨日のラジオ聞いて昔のラジオを思い出したんですよ。
まさにこんな感じで自由、ラフ、やりたい放題。
二人でずっとやってて、ほんとどうしようもない時だけひとりラジオになってたもんね。
月曜から金曜までやってたし、コーナーとかいっぱいあって楽しかったなー。
剛の作曲ずどーんずどーんずどーんとかめっさ適当なこと歌ってるのに、ちゃんとそれに対してよかったとか悪かったとか評価するこーちゃんとかさ。

なつかしいな。
家に山ほどMDがあるな(笑)その前はたぶんカセット…。

せめてどヤだけでも年間とおして二人でやってくれないかなぁ。
ダメなのかなぁ。

もう少し、もう少しだけでも二人一緒の活動を増やしてほしいんだけどな。


さ、今日も明日も続く、たぶんこれ以上にないくだらないラジオ超絶楽しみにしていますよ!


拍手

きんきちゃんとつおしちゃんがメインでござるおさる。


12/4  CD: Lアルバム発売
       TV: FNS歌謡祭
      雑誌: TV LIFE、TV Station、TVガイド、ザテレビジョン(?)
12/6   雑誌: オリスタ(表紙)
12/7   ラジオ: またまた突然ですがKinKiKids生放送
12/10  雑誌: Rolling Stone Japan
12/13  雑誌: ザテレビジョン(?)
12/14  TV: MUSIC FAIR
         NHK SONGS
     雑誌: 月刊ソングス(表紙)
12/19  雑誌: TV navi、月刊ザテレビジョン、月刊TVガイド
         シネマスクエア
12/21  雑誌: VoCE(光一さん)

12/22 ライブ: Lコン大阪
12/23 ライブ: Lコン大阪

12/28 TV: 世界ふしぎ発見(剛さん)

12/31 ライブ: Lコン東京
1/1  ライブ: Lコン東京

1/8   TV: ココロ見「時」前編
1/10  TV: ちょこっとサイエンス
1/13  TV: ココロ見「時」後編
1/15  DVD:平安神宮2012 「ヒ ト ツ」
1/24  TV: ちょこっとサイエンス


□ちょこちょこラジオ

12/2-5  18:00 あつまれ!MUSIC COASTER」(FM OSAKA)
12/2   22:00 MBSうたぐみ Smile×Songs(MBSラジオ)
12/4   16:00 Hyper Night Program GOW!!」(FM福岡)
12/13  22:00 ガチ・キン」(ABCラジオ)
12/15  7:00 山口達也 TOKIO WALKER(NACK5)


間違ってたらすまーん。
ちょいちょい追加していきますよん。
Rolling Stone Japanてはじめてかしらね?楽しみ。

拍手

KinKiKidsさん、やっとのことでアルバム発売の詳細がきましたよー。




「L album」のテーマは“LOVE & LIFE”
LOVEをテーマとしたDISC LOVE、LIFEを
テーマとしたDISC LIFE。玉置浩二、矢野顕子、
奥田民生、高見沢俊彦 等、豪華作家陣参加による
KinKi Kids初の2枚組アルバムです!!

■初回限定盤:JECN-0333/335 ¥ 3,800+税(税込3,990円)
★2CD(全16曲収録)+DVD(1枚)
PREMIUM PACKAGE /32Pブックレット
★DVD収録内容 (APPROX.19min.)
<Music Clip>
・変わったかたちの石
・まだ涙にならない悲しみが
・恋は匂へと散りぬるを

■通常盤:JECN-0336/337 ¥ 3,500+税(税込3,675円)
★2CD(全18曲収録)
・28Pブックレット
・Bonus Track
「Candle Night」
「君らしく生きる君が好きだ」

【曲目詳細】
<DISC LOVE>
01. むくのはね 
作詩・作曲:玉置浩二 編曲:吉田建 コーラスアレンジ:Ko-saku

02.勇敢な君に 
作詩・作曲:矢野顕子 編曲:武部聡志 コーラスアレンジ:Ko-saku

03. まだ涙にならない悲しみが 
作詩:松井五郎 作曲:織田哲郎 編曲:亀田誠治 コーラスアレンジ:Ko-saku

04. この月は沈まない 
作詩:松井五郎 作曲:瀬川浩平 編曲:生田真心 コーラスアレンジ:Ko-saku

05. Cool Beauty 
作詩:Satomi 作曲:林田健司 編曲:CHOKKAKU コーラスアレンジ:Ko-saku

06. 3-2-1 
作詩・作曲:宮崎歩 編曲:宮崎歩, 石塚知生 コーラスアレンジ:Ko-saku

07. Stand By Me 
作詩:Komei Kobayashi 作曲・編曲:田中直

08. i love you 
作詩・作曲・編曲:吉田建 コーラスアレンジ:Ko-saku

09. 恋は匂へと散りぬるを 
作詩・作曲・編曲:吉田建 ストリングスアレンジ:佐藤泰将 コーラスアレンジ:Ko-saku

<DISC LIFE>
01. スピード 
作詩・作曲:奥田民生 編曲:白井良明 コーラスアレンジ:Ko-saku

02. 命のキセキ 
作詩・作曲:高見沢俊彦 編曲:CHOKKAKU コーラスアレンジ:Ko-saku

03. 変わったかたちの石 
作詩:秋元康 作曲:マシコタツロウ 編曲:武部聡志

04. Tomorrow Again 
作詩:前田たかひろ 作曲:原一博 編曲:家原正樹 コーラスアレンジ:Ko-saku

05. ウタカタ 
作詩:浅田信一 作曲:井上慎二郎 編曲:CHOKKAKU コーラスアレンジ:Ko-saku

06. Morning Glory 
作詩:井手コウジ 作曲:井上日徳 編曲:清水武仁 コーラスアレンジ:Ko-saku

07. WELCOME 
作詩:藤原優樹 作曲・編曲:江上浩太郎


Bonus Track *通常盤のみ 
<DISC LOVE>
10. Candle Night 
作詩:Komei Kobayashi 作曲:Kiyohito Komatsu, Samuel Waermo 編曲:Janne Huttunen, Pessi Levanto
コーラスアレンジ:Ko-saku

<DISC LIFE>
08. 君らしく生きる君が好きだ 
作詩:秋元康 作曲:馬飼野康二 編曲:生田真心 コーラスアレンジ:Ko-saku




簡単に言うと、
初回盤:CD2枚、MV3曲はいったDVD付、パッケージ32P、奥田民夫さんのMV(フルアニメ)付
通常盤:CD2枚、プラス2曲、パッケージ28P
両方にID入りで2枚申し込みで、A賞:スペシャルライブ招待(12月中旬)、B賞:A賞のライブDVD抽選
ってことですかい。

初回は通常より300円お高い、と。
それと、

【先着購入特典】初回限定盤:クリアファイル(A4サイズ)通常盤:ポストカード
がつきますよ、と。

はじめ情報がきたときに、2CD+DVDしかわかんなかったのねー。
その時にメイキングじゃないの?って色めきたったわけですよ。
だってさ、はぴくるでちょっと流れたわけやん。
撮ってるんやん、当たり前だけど。
それでどんどん詳細がわかってきて、え、なに、シングルのMV?!ってなってかなりのがっくり加減。

なんなんーっ!
それ、この間こーてるし!なんなら数枚あるし!
これ、初回を購入する意味ほとんどないやんー。
奥田さんのMVだって、二人をイメージしたキャラのアニメだよ?
なんだそりゃ。
それこそレコーディング風景でも映してくれるだけで、めっちゃ満足なのに。
一人づつでもいいよ、別に二人そろってくれてなくてもさ。そんなのとっくにあきらめてるし。

なんなんーっ!
ほんま。
すっごいそこんとこ不満。



で、まあ、気を取り直して。( -_-)旦~ フゥ...

剛さんがしきりに大物アーティストとかあの方から、とかゆってた意味がわかったねー。
奥田民夫さんだってー。
(*^0゚)v ィエーイ☆彡
そして、そして、そして、矢野顕子さんだってー!
(*^ー゚)v ブイ♪

まさかの、ですね。
玉置さんをアルバムに入れるにあたって、1曲だけだと浮くからかもしんないけど(笑)
ちょっとそっちの方面の方を入れてくれて、っていうかほんとよく書いてくださったなあ。
どの方にしても、一癖ある方ばかり。
きんきたんがどんなふうに仕上げてきてくるのか、非常に楽しみです。

あと、宮崎歩さんは、「to Heart」「欲望のレイン」の方。
前田たかひろさんは、「キミハカルマ」「99%LIBERTY」「ユメハジメハナ」の方。
浅田信一さんは、「永遠のBLOODS」「エンジェル」 「月光」 「テノヒラ」「真冬のパンセ」 「風のソネット」の方。
井手コウジさんは、「Bonnie Butterfly」「ミゾレ」「星のロマンティカ」「涙、ひとひら」の方。
その他もろもろ。

いつものきんきの感じと、ちょっと違うテイストと両方味わえるかんじかなー。
歌は楽しみ。
ほんと楽しみ。
シングルもすごいよかったもんね~。

そしてもう一回気を取り直すと…。

またですか。
またもや、限定ライブご招待なのですか。
しかも、そのライブをDVDで抽選配布ですか。

orz

もういやなんだよー。
ギネス級に落選つづきなんだよー。
ライブはまあどうせ東京だろうし半分あきらめもつくけど、なんでDVDも全プレとかにしてくんないの?
プレミアって嬉しいと思う。
だけど、当たる人がいる一方で外れる人が大量にいるわけで。
その気持ちって結構つらいよ?


アルバム情報がきてうれしい気持ちとどんよりした気持ちでゆれつつのご報告でした。


Amazon

<初回盤>


<通常盤>


楽天

<初回盤>
<通常盤>

拍手

隙間のちょいちょい。
他の方のトークの時とかも後ろで写ってたりして、結構たのしめたんですけどもー。

平井けんさんのMVにおかあさんが登場してて、ご実家でご飯を食べてる様子が写ってるんですけどそれを見てる剛さんがもう、ずっとにこやかにうんうん頷いてるのー。
何が食べたい?と聞かれたのですき焼きってとこでうんうん。
すき焼きは特別な時ですけどね、でうんうん。
剛さんのお誕生日のときも今年はすき焼きにしたんだったよね?
フェスでもお話できたのかなー?

その流れでおふくろの味は?という話になり、くるりの岸田さんが京都なんで煮物っていうんですか、野菜の炊いたんが、と。
タモリさんが、そういえば関西は「炊いたん」っていうよね?と問いかけたので剛さんが、炊いたんいいますね~、と。


そしたら、あ、あれ?そのお隣に座ってるかたがもう、じぃーーーっとつおしさんの顔をw

この二人なんか絶品じゃないっすか?
かわいーなー、おい。
ふたりともかわいい。



え、まさかのいわへんの?


こーさんは口尖らせて無言でふ~ん、みたいにきょろきょろして、そして最後にまたつおしをじっとみる。

ここのやりとりがもうめっちゃきんきさん!
かわいーんよねー!
剛さんの口調はのんびーりしてるしさ、こーちゃんはマイクを持ちもしない。
うーんかわいかった。

こーたんは関西弁になるくらい関西にはいたと思うんだがw
食に興味ないからしゃーないわな。(とりあえずフォロー)

全体的にぜーんぶたのしかった!
嵐さんとの共演も先輩風みれて楽しかったし、すてきなMステとなりました。




拍手

歌はね、間奏をちゃんといれてくれてたのがもうめっちゃ嬉しかったー!
生で流れてる時思わず息止めてたわ~。
いやー、いい。
素敵やった。

(あ、また震える人の次やって、目の前やったのはわらっちゃったけど)


はじめのところ。
二人が踊りながら交互に横切って行くここすきー!


踊ってる時に剛さんの手が常にひらひらして、すっごい好きなんだけどなんだろうって思ってコマ送りしてみたら、剛さんは手首使ってくるりくるりとしてるのね。
非常に鮮やかに映るのよ、それが。
今回バックが暗い色だったのもあって、二人とも手がとっても印象的。


そして一番好きなとこw
(すごい見にくいけどすいません)
剛さんが後ろ向きなところから、くるりと一周して正面を向くのですけど背中に着けてるひらひらが回るつよしさんに一歩遅れてついていくのです。
ここ大好物(笑)
ひらひらを派手にしたのはやっぱり暗めのバックと衣装だからかなー?
今回動きがあるので、めっちゃいい。


剛さんのちょいみだれ髪。
せくしー。


みんなだいすき、指ひとつで散る様子を表してます。
散って行ったのは、桜?それとも、涙・・。


最後のポージング。
手フェチにはたまらんねー。

とにかく踊るキンキ。

ライブではもちろん踊ってくれてるのですけど、TVでこうやってここまでしっかりと歌って踊ってっていうのは、なかなかに久しぶりなのでして。
若い子は踊るきんきを知らないとか(まあその前にキンキ自体知ってるのかどうか…自虐!)
こうやって見せてくれるのはほんとに嬉しい。
嵐といっしょにでたことで、いつもよりも見てくれた人も多いのかなとか(笑)

きんきさん、いいでしょ?
カメラアピールとか全くしない(できない)人たちですけどw

そういや途中で二人が向き合うところが一瞬あるんですが、ぱっと向き合った瞬間目があったのか(爆)おもったよりも近かったせいか、こーいちさんがさっと目をそらせてるのがばっちりと写ってしまっております。
このひとたち・・・。
後姿とかならものっそ見てるくせに。

最後に、どうでしたかといわれて、こーさんがまつじゅんとか相葉とかドラマで共演したことあるけど、こんなちっちゃかったのにな!って。
ほんとかわいかったのに。
嵐ファンのかたのなかではニノがちっちゃいといわれてるのかな?
つぶやきに、ニノよりちっちゃいっていうのがいくつもあって笑っちゃったよ。
そうなんです、きっとあのなかでいちばんちーちゃ、ちがう、ちゃーちいんす、つおしぱいせん。

今回は、まだ涙に~、の明るいほうでの歌声披露でもきっといいといわれただろうけど、このダンスをみせてもらえてほんとうれしかった。
やっぱりTVで披露しないとね!

これは、キンキまだまだがんばっていきますよっていう二人の表明であると受け取っています。
年末ライブ日程が去年より1日減ってるけど、追加になるのかどうかわからんけど、とにかくがんばろうとしてくれてんだろうなというのが伝わってくるので…応援がんばるー。


ぶらんちもかきたいーかきたいー、かけるかな…。

+++

追記!

おおー!すごい!
この恋散り、最後の指でなぞるとこ、散っていく様子もあらわしてるとおもうけど、「33」を描いてる!
ほほぉーw

33枚目万歳!

拍手

▲ HOME ▲ 次のページ >>



ごあいさつ
ようこそ、いらっしゃいませ。

KinKi Kidsについて文を重ねています。とくに剛さん。
基本的に溺愛しております(*^_^*)そこから派生するいろんなこと、生きていることあっちこっちつつきます。
賛同していただけましたら、どうか拍手でも送ってやってください。
多少腐女子的傾向もありますので、お嫌いな方はお気を付けくださいね。

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
244_love
最新CM
[01/12 大翔]
[02/19 琥珀]
[01/21 えりさ]
[04/22 レイン]
[04/15 さや]
ぐーばー
最新TB
プロフィール
HN:
ymi
性別:
非公開
自己紹介:
あらゆることに手を出してますが、一つとして極めていません。

クリックで救える命がある。
メールフォーム
バーコード
ブログ内検索

Designed & PHOTO by TKTK


忍者ブログ [PR]