忍者ブログ
TSUYOSHI DOMOTO 溺愛ブログ
2014 / 11
<<    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
さてさて、いらぬ分析をば。
なんか今回は楽しそうだぞー♪

さらっと見てもわかるとおり、これは今まで出した曲のパク…いや、アンサーソング的な?
去年剛さんが歌ったモチミスじゃないけど、おもしろいんじゃね?ってことになったんじゃなかろうか。
などと。
どなたかがおっしゃってたんだけど、シングルではこれでもか!っていうくらいの失恋につぐ失恋なくせにアルバムの曲名ったらどうよ(笑)
あまーいもんが漂ってるじゃないですか。
いやはや、どした?


☆CD収録曲☆ 全23曲 
<side Moments - DISC 1>

01:Be with me
訳して「いっしょにいて」、いや、照れるないきなりか!
これ、Stay with me~ 硝子の少年時代の♪ だろうか。でももう一曲↓にもあるんだよなぁ。

02:我儘
これ珍しい感じ、漢字二文字、約束しか思いつかん。あ、情熱もあった。
(シングルで)

03:たいむ・とらべ・らばーず
これ、うまいなー。

04:エゴイスティック・ロマンス
これはジェロマやな!ジェットコースターが過ぎてエゴいっちゃった(笑)
利己的、自分本位、自分勝手。でもロマンスなんやね。

05:SPEAK LOW
訳すと、低い声で話す, 声を低くして話す、のようなのですが、これはどうも(愛を)耳元でささやく的な感じなのですと♡
ふふ、ふふ。
なんか大人やなぁ。こないだの剛さんのおパンツの説明思い出すなぁ。

06:Want You
ずばり、あなたが欲しい、でつか?
調べてたら、御中 Want youってのがあって笑っちゃった。

07:aeon ★
イオン(お買い物の)ちゃうで!(いや、しらんけど)
ラテン語で「永遠」って永遠の日々っすか。また泣かせますか。うるうるしちゃいますか。
ちょ、ちょっとまてい(自分)
「永遠に」と「永遠の日々」と両方あることを失念していた、というかごっちゃにしていた(笑)
甘い声で歌うこーちゃんの永遠の日々も好きだよw

08:僕らの未来
ほら、また未来語っちゃう。いや、前向きやなぁ。

09:Glorious Days ~ただ道を探してる
これはいい曲だもん、たくさん聞いてほしいね。Lライブでも聞かせどころだったな。

10:もう君だけは離さない
もう君いーがい、愛せない~、ほかにどんな敵があらわれてもぉ♪
もう君いーがい、愛せない~、またここできみと約束したよぉ♪
たとえ、世界が滅びても~・・(もうやめとけ)

11:Two of Us
二人で、二人で、わたしたち二人っきりで。
usのビデオ見返し隊。
いや、まあそれにしても今回のふたりぼっち感半端ない。

12:Where is ★
「どこにあるの」
何を探してるのかな?

13:EXIT
「出口」なんだけど、うん。
これは、「愛されるより愛したい」じゃないかという話が。
愛愛の題名が決まる前、EXITだったらしいのよね。これって未満都市の主題歌だかんね。
でもこーさんが、愛愛のほうがいいって。
未満都市の主題歌といえば、アルバムにはいってるイノセントウォーズね。これになるはずだったんだよね。
坂本さんの自らコーラスボイス入りで、好きな1曲。

14:Stay Together ★
いっしょにいるよ、なんだけど調べたら「特に問題発生時に、お互いに忠実である」だって。
うわお。
なんたるキンキキッズ的な!


<side Memories - DISC 2>
01:Rocks
1997/7/21発売「Aアルバム」1曲目。
これって申し訳ないけどすっごい剛さんが歌ってるイメージが強いんだよなぁ。
なんでだろうね、ソロでも歌ってたからかな。
ちょうどあの時期の感じがぴったりだからかしらね。

02:せつない恋に気づいて
1997/7/21発売「Aアルバム」5曲目。
これ嫌いな人いないよね?
まさか今の声で歌い方で聴けるなんて…なんてお得感。

03:このまま手をつないで
1998/8/12発売「Bアルバム」11曲目。
これは切なくなる曲。だってだって、コンのラスト曲なんだもんなぁ。
これもだいだいだいすきーな1曲。

04:雨のMelody
1999/10/6発売「8枚目シングル」
これ聞いたとき切なかったなぁー(若かりし頃w)
どうにもこうにもね。キンキさんの年齢でいくと大人っぽい歌うたうなあって思った覚えがあります。
ダンス付きで披露してほしい。

05:もう君以外愛せない
2000/6/21発売「10枚目シングル」夏の王様と両A面
この曲はもういっぱい思い出がありますね!
真面目な曲なのにわらえちゃうエピもあるしね。
Lコンでの披露ではなんかもう泣きそうになる場面ですよねー。
いい歌だもん。
この歌のふたりぼっち感、すごいもん。
きんきさんが歌うと「君」がもうひとりの堂本さんになっちゃうんだよね(変な意味じゃないよ)
幼い頃から二人でやってきた、守ってきた、これからも守っていくその感じがねどうもリンクされてしまうんだろう、一曲。
 
06:愛のかたまり ★
2001/11/14発売「13枚目シングル」HEY!みんな元気かいCW
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
なんだよ、もう。まさかのー!
愛かたってどれだけ歌ってもほんと寂れないんだよなぁ。
いまの声で聞けちゃうのかぁ。贅沢。

07:HAKKA CANDY
2003/8/13発売「18枚目シングル」薄荷キャンディーが元表題
これは、どした?
なじぇに英字。何が隠されているのやら。

08:Bonnie Butterfly
2003/10/22発売「Gアルバム」1曲目
これも、(´゚∀゚`)キタコレ。
だいだいだいすき曲。
今のでもかなり十分なのに、これ以上のもの出しちゃうの?うひーって感じ。
この曲をコンで歌うとDVD盤がでないとまことしやかに囁かれていたのですが、いやこの間でたけども(笑)
楽しみすぎるなぁ。

09:恋涙 ★
2005/11/16発売「Hアルバム」3曲目
これもだすか…。
ほぅ(幸せのため息)。
言うことないよなー。ありがたいありがたい。
存分に楽しませていただきます。

★は通常盤のみボーナストラック


分析ゆうほどなんもできてませんけど、ひとつひとつ楽しみ♫
side Momentsのすべて甘甘な感じ。
side Memoriesの懐かしくてきっと新しい感じ。

どちらもとても楽しみ。

初回盤にはDVD付き。
内容はまだまったく未定なんだけど、なんだろうな?
メイキング的なものをつけてくれたらとっても嬉しい。
あ、むかーし1回だけあったそれぞれの日常ぽいのでもいいな。
うーむ、なんだろう。

拍手

PR
キター!!!

なんだよなんだよー、水面下で動きすぎだよぉ、きんきたん。

なんと、12/10「Mアルバム」発売ですと!

(LはラストのLではないぞ、誰かさんたちぃ。ふっふー)

ライブ的にもLアルバムで残してる曲もまだあるし、今年は出ないのかな?と思ってたらいっきなりきたわこれ。
剛さんがなぁ、かしらんライブの時にソロは隙間を縫ってみたいなことゆってて、ん?と思ったんだけど、まさかアルバムまでつくってらっさるとは思わず。
こりゃ二人とも忙しかったなー。
こーちゃんがどヤで妙に古いアルバムみてんなとか思ったあの頃からか。
伏線ありでしたな。

それで、テーマは「Memories & Moments」。

『進化するKinKi Kidsを、時間の流れに置き換え、この2ワードで表現した2枚組アルバム。
Memories-記憶-は、リアレンジによるセルフカバー。
Moments-瞬間-は、新曲と「Glorious Days ~ただ道を探してる」で構成。
初回盤にはDVD付き。 通常盤にはボーナストラック5曲を収録した、全2仕様でリリース!!』

ここにも戻ることが未来感きたか?
そして、曲を見ると内容がこれ半端ないんですけど!
てんこ盛りとはこのことですかね?(笑)


●初回盤●


①三方背ケース入り
②3枚組(2CD+DVD)
③32Pブックレット

☆CD収録曲☆ 全18曲 

<side Moments - DISC 1>
01:Be with me
02:我儘
03:たいむ・とらべ・らばーず
04:エゴイスティック・ロマンス
05:SPEAK LOW
06:Want You
07:僕らの未来
08:Glorious Days ~ただ道を探してる
09:もう君だけは離さない
10:Two of Us
11:EXIT

<side Memories - DISC 2>
01:Rocks
02:せつない恋に気づいて
03:このまま手をつないで
04:雨のMelody
05:もう君以外愛せない
06:HAKKA CANDY
07:Bonnie Butterfly

☆DVD☆ 収録内容・時間未定


●通常盤●

①2枚組(2CD)
②28Pブックレット
③Bonus Track 5曲収録 (通常盤のみ)
 
☆CD収録曲☆ 全23曲 

<side Moments - DISC 1>
01:Be with me
02:我儘
03:たいむ・とらべ・らばーず
04:エゴイスティック・ロマンス
05:SPEAK LOW
06:Want You
07:aeon ★
08:僕らの未来
09:Glorious Days ~ただ道を探してる
10:もう君だけは離さない
11:Two of Us
12:Where is ★
13:EXIT
14:Stay Together ★

<side Memories - DISC 2>

01:Rocks
02:せつない恋に気づいて
03:このまま手をつないで
04:雨のMelody
05:もう君以外愛せない 
06:愛のかたまり ★
07:HAKKA CANDY
08:Bonnie Butterfly
09:恋涙 ★

★は通常盤のみボーナストラック

初回盤には収録不明なDVDがついて、通常盤には5曲プラスでついてくるってことですか。
 
あと、両方同時に購入したらオリジナルトートバッグがついてきます(先着)。
【サイズ】布面積:横35×縦21cm(取っ手も含めた縦:32cm)
厚み:取っ手部分 3cm弱、布部分:1cm弱

オリジナル、ってとこね。
期待はしてはいけないわね(笑)でも欲しいのである。

ご案内はこれくらいにして、次回はいろいろ分析。


 
 

 


拍手



ちょっと話に出たので、キンキさんで今までに剛さんがなんかで絡んだ曲たち一覧。

・ひとりじゃない
 Aアル。

・Slowly
 Bアル。堂本剛、作詞作曲。

・ずっと抱きしめたい
 Bアル。作詞に関わっている。

・さまざまな愛
 Cアル。堂本剛、作詞作曲。

・十二月
 Dアル。堂本剛、作詞作曲。

・百年ノ恋
 Eアル。堂本剛、作詞作曲。PVあり。

・WINTER KILL
 Fアル。堂本剛、作詞作曲。

・ひらひら
 Fアル。堂本剛、作詞作曲。二人で歌ってる。

・愛のかたまり
 Fアル。堂本剛、作詞、堂本光一、作曲。二人。

・黒い朝・白い夜
 Gアル。堂島孝平、作詞作曲。

・ORANGE
 Gアル。堂本剛、作詞作曲。

・恋涙
 Hアル。堂本剛、作詞、堂本光一、作曲。二人。

・Breath
 Hアル。河口恭吾、作詞作曲。

・Love is the mirage...
 Iアル。トラックダウンに関わった。編曲、十川知司。

・futari
 Iアル。堂本光一、作詞、堂本剛、作曲。二人。

・unchanged.
 Φアル。

・銀色暗号
 Φアル。堂本剛、作詞、堂本光一、作曲。二人。

・Family 〜ひとつになること
 Kアル。堂本剛、作詞、堂本光一、作曲。二人。30thシングル。


シングルも含めるとまだあるけど、とりあえず。

 

 


拍手



雑誌

10/15 月刊Songs11月号(剛)、週刊TVガイド10/24号(表紙、剛)

10/16 TVnaviSMILEvol14(表紙、KinKi、剛)

10/17 オリスタ10/27号(KinKi、剛)

10/20 BARFOUT230(剛)

10/22 週刊ザテレビジョン10/31号(表紙、KinKi)

 

その他

10/19 トーキョーライブ 小山くん

10/20~22 ftrラジオ

10/22 L DVD発売(KinKi)

10/24 パンツ通販申込み〆(剛)

10/26 トーキョーライブ 剛

 

ちょいまとめ。

なんか急にいろいろと出てくるんだもんなー。

 

それにしてもトーキョーライブの雑誌の剛さんの顔、笑顔がすっごい硬いのだけども。

どした?

一人ポスターのやつはすごくいいのに、表紙とか5人そろってるやつあきらかにアルカイックスマイル。

…ちょっと昔思い出すくらいの作り笑顔なんすけど。

 

忙しい時期だったのかなー。

ジャニ仲間でも人見知り発揮しちゃったのかなー。

 


拍手



どうも、こんにちは。

おひさしぶりです。

 

前回がFUNKしようかしらん始まりの時でしたね(遠い目)

あれからいろんなことがありました…。

ありすぎました…。

 

なにもかも追いつかず、ほったらかしにしててすいません。

もし毎日のぞいていただいてる奇特な方があったらほんとにごめんなさい。

 

またじわりじわりと書いていこうかな、と!

み、みすてないでぇぇ。

 

実はいままで会社から更新できてたのですが(←)全くできなくなっちゃったってのが更新が滞りがちな一番の理由だったりして、てへw

スマホも最近更新して、処理能力向上したのでそっちからアップできるようにできそうなので、がんばろうかな、と。

(家から更新しろっつー話でね!)

 

では、きっと話がすごくさかのぼりそうですけど、また!

幸せな夏を過ごせたことだけをご報告しておきます。

もちろん、つおしさん&ジャニ関係でございますがw

ぐふふ。


拍手

さてさてとうとうはじまりました、FUNK詩謡夏私乱ライブでございます。
グッズがねぇ、前日に発表されました(笑)
もうないのかと思ったよーー。
しかし。
名前を拝見…みるからに怪しげ…ふっ。
そして現物を見ると、怪しげどころじゃなかったーー!あはは!
まさかまさかの、おつよしでもない、「つよちゃん」舞妓がw


見た瞬間なんじゃこれー!と思いましたが、投資ならぬお布施してまいりましたとも。
ではまいりましょうか。


Let's 舞輪 舞輪(スポンジハンド) 1,500円



なんといってもこれでしょ?
スポンジハンドってなんぞや?と調べたら、どうも手にはめる応援グッズらしいとこまではみてたのですが、やっぱりそれやったっていうw


白いスポンジに印刷してあるだけなんで、ハゲるかもなー。
裏はこんな感じで。


こいつのなんといっても特徴はでかいこと!
軽いけどでっかい!
くーさんクッションと比較してみましたが、ひとまわり大きい感じです。
くれぐれも購入されるかたは、大きい袋を持参してください。
ええ、入れるものなんて売ってませんから(笑)


それと注意事項がふざけてる!!!
「他のお客様へ思いやりを持って」
「応援グッズですので、食器磨きや部屋の掃除、うんぬん」
あっはっは。


HANAIKY FUNKY(Tシャツ) 3,000円



はないきーTシャツ。ってそのままやないかっ。


鼻息のとこは立体化しております。


これは後ろ側の下の方にちょっこり入ってました。
(これがメインなら着るのにーーーぃ。いやまあいいですけど)



イラッとグラス(サングラス) 1,800円



サングラスどんなんかなー?あのすだれみたいなんかな?とか思ったらこんなんでした。
白い丸いの。


横にFUNKって入っててここはかっこいい。


サングラスの部分はぱかっと開けることができます。
これ、ええーとかおもいつつかけてみたら案外似合ってしまったという(笑)
いや、かけませんけどもww


手ぬぐぃーん(手ぬぐい) 800円



これ、まあ、普通の手ぬぐいさん。
色はかわいい赤色ですよ、色は(笑)


はい…扇子(扇子) 1,500円



扇子っていうから十人十色のときのを想像してたら違った。
落語とかする時に使うようなw
いや、風を送り出すには十分使用できますけどね、ええ。


お買い上げありがとうございまスコープ(万華鏡) 1,300円



万華鏡です。普通にww


覗くところが△になってますの。後ろかわはこんなん。
中になんやかんやが入ってるタイプではなくて、外で写るものが見えるタイプの万華鏡でした。


さっきの手ぬぐい覗くとこんな感じ。きれいですよん。

ライブ中にグッズの話にもなりまして、剛さんが「物販のほうものこのこと買っていただいてるようで」って。
この言い方!…大好き(爆)のこのこ買いましたよもう。
それで、今回はファンクって親切すぎてもいけないってとこから、とにかく荷物になるようなものにしたかったらしいです。
確かに、もうちょー荷物になるの。
あの舞輪 舞輪が!
あ、これ、読み方「ぶりんぶりん」です。
「今回これなかった友達になんここうてきて~って頼まれたら舌打ちしながら持って帰ってください」だって(笑)
もうこれ聞いたらすべてふっとびました。
ええ、ええ、買った甲斐があるというものですよ。

友人よ、舌打ちしながら新幹線で運んであげるわw(*`д´)


拍手

すっごい懐かしいものみつけたよ。
っていうか、他で使ってるブログをみたら、ちゃんと動いてるんだもーん。

「つなびぃ」っていう写真に特化したミニブログなんですが、でき始めのころに使ってたんですよ。
更新しないままずっとほったらかしにしてたけど、ちゃんとまだ動いてる(笑)
いや、すごいな。
ネットの世界は流行り廃りが激しくて、サービスがすぐ終わっちゃうことのほうが多い気がするんだけど、これはまだちゃんと運営されてた。

PCから見る方はいまどき少ないと思うんですけど、ま、なにかの折に気が向いて見られたらきんきちゃんのフォトがくるくると回っていますよ、っていうそれだけですw

拍手

先日からいくつかパスワード設定したものをアップしております。

これはちょっといったん読むかどうか考えていただいた方がいいな、っていう妄想話とかにはパスをかけています。
パスワードも隠してはいません。
自分で読まれるかどうかをご自身の判断にしてるだけですので~。

パスワード: 244funk

お楽しみいただければ幸いです。

拍手

本文を読むにはこちらからパスワードを入力してください。

拍手

最後の青年の「自らの死」がショックで、どういう意味を持つのかずっと考えてる。
ただ単に、周りに追い詰められて死を選んだとは思えないしね。

私はあれを青年の人生最大の我儘じゃないかと捉えました。

青年は病気がわかったとき、和久に「周りに当たりちらし、投げやりにも」なったと車の中で話しています。
その時は青年ももしかしたらそんな時があったのかも、と思いましたが、実際は元カノにも病気を知らせずにのらりくらりと別れを説明してる。
そして、弟に「なんで兄さんなんだ、僕じゃなくて」と言われてしまっている。
弟に素直に嘆かれてそのうえで当り散らしたりきっとできないよ、青年は。
なので、ひとり消息をくらませてその日が来るまで待ってたんじゃないかな。趣味の香水を作りながら。

青年がオペを受けずに死を受け入れようと決意した。
だから、沙良さんには言わない。
沙良さんは受けて治ると思ってた、でもそのあとのことは考えたくない。
ここらへんはずっと流されるまま、なんとかやってきた沙良さんそのままですよね。

そして、青年の命をとった沙良さんはもとの一人の世界に戻ろうとする。
青年につらく当たり、会わないようにしお金を渡し、離婚届を突き付ける。
でも、青年はそんな沙良さんの行動なんてすべてお見通しなんだ、きっと。だって二人はずっとシンクロしてるんだから。

離婚届だけを手に荷物をもって、家を出ようと思ってたのかな。
きっと離婚届は出さないつもりだったんだろう、出すのなら名前を書いて置いておけばいいだけだもの。
また一人でその日を待つつもりじゃなかったのかな。
そうしたら、青年にとっては運よく強盗が現れた。

青年が死ぬことによって、沙莉ちゃんの命が救われて、沙莉ちゃんのことに心を痛めていた沙良さんは解放される。
でも、
電話を受けていた倉田先生、ナイフを抜かないでといったばかりにナイフを抜いてしまった。死を早めてしまった。
助かるはずだった命を、助けられなかった悔いはどれほどのものだろう。
店長、自分が変わらなければ、もしくは一緒にいればとあのあとどれだけ悔やんだだろう。
沙莉ちゃん、交通事故で亡くなった人の命だときっと言われるんだろう、けど同時に青年が事件にあったことものちのち知るよね。
佐伯には、自分がいなくなった後のことをすべてまかせてる。
弟とご両親、つい先日助かるかもしれないと涙ながらに電話したのも嘘じゃなかったんだろう。
手放しで喜んでくれる弟にたいして嬉しい気持ちが溢れた。
でも、実際はそれを裏切る形に。

そして、沙良さん。
沙良さんの気持ちだけははっきりいってわからない。だって、元から彼は死んじゃうはずだったんだ。
ただそれが、助かるかも知れないからの急降下になっただけ。
でも、青年がいなくなった喪失は想像できる。

青年は、はじめて周りを巻き込んで自らの意思を通した。
これらをわかってでも、青年は自らの死を貫き通したかった。
それが幸せだったんだね、彼にとって。

いつも目を潤ませていた彼が、あのビデオの中で「笑って」と沙良さんにだけ向ける笑顔のとき、涙はないの。
後悔は全くなく、しあわせな気持ちだったんだね、きっと。
沙良さんにだけ向けた、最後のラブレター。
彼女はこれを糧に、そして囚われて暮らしていくだろう。

「とびきり愛されたいタイプ」な青年が、沙良さんにとびきり愛された。
満たされてまったく腹も立たず、誰のことも嫌いにならない。
その気持ちのまま、役に立ちたかったのかな。

青年も沙良さんもすべては生い立ちが左右してる。
青年はずっと愛されずにいて、愛されたいと切望していた。
そこがきっとそもそも間違いなんだよね。
青年ほど愛される人いないよね。
だけど、青年にとっては一人だけでよかったんだ、沙良さん一人だけの愛情で。


いろいろ書いたけど、実はまだ当日のオンエア見ただけなのです。
見返せてない。
しかも、青年が死んだと示唆してるだけではっきりと書かれていない事実にすがりたいのもある(爆)
まあ、それだと倉田せんせの表情とか矛盾がでてくるのであれなんですけど。

あとは、最後の最後、海辺の3人に意味づけできれば私的ハッピーエンドを作り上げるつもりです。
心の安寧をもとめて。

青年が死を選んだことは到底肯定はできないけれど、青年がめいっぱい幸せならば「仕方ない」というしかないじゃない。
だから青年が可哀そうと思わないようにしようと、そうおもう。
まだ見返していない、いまのところは。

拍手

青年がオペをしないかもしれないことを考えるのがわからない。

いや、わかるよ。
沙莉ちゃんのためにね、そして初めの約束のためにね。
でも、残された沙良さんはどうなる?
生きられたかもしれない命を絶って、娘の中でよみがえるかも知れない。
でも、もう青年の言葉を聞くことも抱きしめることも、なにも出来ないんだよ。
青年のその判断。
剛さんが、青年はそうだったんだ、といったのはこの判断だったのかな。

それはやさしさだろうか。
ほんとうに?

沙良さんには佐伯が、店長がいるから大丈夫などとまさか考えているわけではあるまい。
あなたがとても満たされたように、沙良さんもあなたがいるからこそ満たされている。

ドラマがどう展開していくのかわからないけど、もしオペを受けないのなら納得できるだけの理由が欲しい。
弟、修くんにオペを受けて治るかも知れないと涙したのはなんだったの。

はぁぁ。
展開を予想しないようにはしてるんだけど、この点だけがどう転んでもしっくりしない。
のじー、たのみます。
どうか、納得できるラストを。
死んで満足だなんて、それこそ自己満足。


先日のお話にコメント、拍手いっぱいいただきましたー。
ありがとうございます。
よ、よかった。
くっだらないとかいうコメントばっかり来たら立ち直れないとこだったよ(^_^;)


以下、コメントお返事。




拍手

プラトニックのプラロス、または青年ロスからうまく移行できるようにか(そんなわけない)去年の平安ライブのブルーレイ発売が発表されましたよーっ。

早かったなぁ。
ありがたいことですね。
いつもこれくらいさくさくっと出してくれたらいいのに。
十人十色とか、剛紫とか(あきらめてないw)。

ブルーレイとDVD同時発売で、特に内容に関しては同じようです。
違うのは、ブルーレイのほうの映像が「SBMVあり」となっているくらいでしょうか。
これについては後で。




『HEIAN FUNK 平安神宮ライブ 2013』





堂本剛が2013年9月13日~15日に京都・平安神宮で行ったライブをDVD & Blu-rayでリリース!!

「平安神宮ライブ」3作目となる今作。
全ての公演を収録し、全ての映像を織り交ぜた新感覚映像作品。
平安神宮の夜空が時空を超えて蘇る。

★発売 2014/8/20
★収録時間 93分
★仕様
4面8P パンフレット
ピクチャーレーベル仕様

<収録内容>
[Disc]:1枚
・音声:1. リニアPCM / STEREO (ブルーレイ※SBMVあり)

▼DVD・Blu-ray共通 収録曲 
01:Welcome to shamanippon
02:shamanippon ~ くにのうた 
03:I gotta take you shamanippon
04:Clap Your Mind
05:…ラカチノトヒ
06:縁(eni) - groovin’
07:時空
08:赤いSinger
09:technologia - 意思
10:瞬(まばた)き
11:TUKUFUNK




特典とかなくてちょっとさみしくはあるけど、でも内容に期待。
すべての公演を収録し、となってるのでいいとこどりしてるのかな?
でも、新感覚映像とかなってるのでおもしろい映像になってるのかも、とわくわく。

SBMVについて。
ソニー独自の映像用階調補完技術“Super Bit Mapping for Video。
エンコード処理の前に “SBMV”処理を行うことで、オリジナルコンテンツのグラデーション感を保ちながらカラーバンディングを軽減することが可能となり、より多くの機器で高品位な映像再生を楽しむことができるようになります。

とのことらしい。
簡単に言うと、見た目にうつくしい剛さんが見れるってことよね(笑)

ソニーSBMV処理



楽天、ブルーレイ版

楽天、DVD版

いまんとこ25%引きで購入できますよー。
Amazonは割引なしっぽい…あとでするかもしんないけどね。

そういや、なんどみても HEIAN が HENTAI に見えてすいません●~*

拍手

みなさま、ごきげんようです。

さて、来週最終回を迎えるプラトニックですが、なにやら不穏な空気がただよう予告となってます。
…というわけで、耐えられない(爆)
どうしてもどうしてもどうしても(エンドレス)幸せな結末を、だれもがほっこりする結末を作りたかっただけですの。

もう完璧におのれの趣味です。
あらすじではありません、会話形式です。
しかもすっごいご都合主義でございます。
佐伯どこいったとか、それはしりませんしりません、アメリカ?w
ダメなかた、文句言いそうな方はどうぞそのままそっと閉じてください。

オッケーな方のみ、前の文章をパスワードをいれてお入りください。
くれぐれも強く強くゆっときますけど、私は全く持って物書きではありません。
ので、思い込みだけで書いてますので、伝わらないところもあると思いますが、そこはそれ想像力で!

では、文句は受け付けないけど感想は受け付けますよ~w

パスワード、「244funk」

拍手

本文を読むにはこちらからパスワードを入力してください。

拍手

お久しぶりです(こればっかり)
プラトニックはじまってもうそれに気持ちが行きっぱなしで、何も手がつかなくてほんと申し訳ない。
もう、きっと忘れ去られてるw
また一から出直し(笑)

プラトニックのあらすじを含めた感想めいたものも、途中まで書いてはいたんですけどそれもアップに至らず。
とか言ってるうちにあと1回を残すのみとなりました。
昨日、7話が終了。
次回ラストにつながるための7話らしい。

今回、とっても良かった。

5,6話がかなり混沌とした世界が繰り広げられており、それを咀嚼するのにかなりかかりました。
5話はテツさんが亡くなってしまい青年が気持ち的に追い詰められて、それが身体にも出てしまう。
美和は一緒に堕ちようとするが、それは救いではないと青年は一掃。
わかってくれる(はずの)沙莉に会いにいくが、元から死と共にあった彼女は自分とは違うとわかる。
佐伯に理由を打ち明け、怖くなったんだなと理解はされてもそれを癒す方法が違いすぎる。
そして、元の生活にもどるべく、沙良の家に戻る。

沙良に弟に会いたくないのね、と指摘され弟との関係、両親との関係、そして病気発覚時のやりとりを話す。
愛される存在になりたかったと話す青年に、沙良は初めて会った時からあなたに恋をしていた、と伝える。
救世主だからでしょ、と取り合わなかった青年に響いた言葉。
「声が聞こえたの、だれかいないのって」

これは青年がテツさんの死を知って震え、一人孤独になったときにさまよっていた部屋。
青年はだれかいないのか必死に迷路を探していた。
そこにいたのは、「出会ったのは必然、運命です」と自分でゆっていた沙良さんだった。
結ばれる二人。
嬉しそうに笑いあい、そして一緒に眠る。

とまあ、簡単あらすじ。
これだけだと、うん、よかったになるんだけど、どうもね、沙良さんほんとなの?!っていう疑問が拭いきれなかったわけですよ(爆)
ほんとうに青年に恋してるの?
ってね。

そして、ラブラブになるはずの6話がもう私的には辛いったらもうー。
沙良さんは心臓移植のことを娘に話してしまい、そのことを青年が一手に佐伯になじられ。
沙良さんはまたしても元カノに会ってといい、理由もわからずに青年が元カノに会う。
話をするたびに、青年の淡いきれいな思い出は全く違うものとなりことごとく壊されてしまう。

なんでやねーーん。

そして、待ち合わせの海岸に怒りをまとった青年が現れる。
沙良にぶちまける青年。
でも沙良は逆にうれしげに笑って、「昔は俺ってゆってたのね」と。
怒りの形相のまま、青年が沙良の首を絞める。
驚く表情の沙良、だけど逃げるそぶりはない。
すっと手を放して、冗談だよとでも笑顔になる青年、それに微笑む沙良。
沙良のことを力強くだきしめる青年の目には涙。
なぐさめるように、肩をさすってあげる沙良。

わからん。

めっちゃ咀嚼して咀嚼して、こうかな?っていう結論はだしてみたけど(笑)
すんなりとはいってこないというか、初めてに近い恋をしてる二人がすることじゃないよね?
確かめたかったっていうのが大きかったのかなー。
(ま、それはいいや)

その後海辺でちょっといちゃこらしてる姿と朝日の昇る海辺を肩を抱いて歩いていく姿がとても美しかったのでそれは満足しましたけども。
コンビニでいきなり、「沙良?」って呼び捨てにしてるのもいいけどおどろきましたぜ、つおし(違います)。
あそこで、「あなたが苦しむのさえ喜びなんだ」っていう青年に、それならいいのね、という沙良。

コンビニでやるなーっ、部屋でやれやー、とか誰かがみてたっていう伏線?とかさ。
いろいろ疲れる回だったわけです。
疲れるわりにはやっぱり沙良が青年をほんとに愛してるのかどうか、確定できないような。

でも、それが7話になってやっと、そうなんだ、と思わせるセリフや態度となって、ほっとしたわけです。
そこが崩れるとどんなひどい話やねーんと言わらざるを得ません。
それだけでも、いちゃついてる二人をみれてよかったよかったと思う回だったのでした。

7話詳細については別途(笑)
単に時間切れでござるがw



拍手

▲  ▲ 次のページ >>



ごあいさつ
ようこそ、いらっしゃいませ。

堂本剛さんについて文を重ねています。
基本的に溺愛しております(*^_^*)そこから派生するいろんなこと、生きていることあっちこっちつつきます。
賛同していただけましたら、どうか拍手でも送ってやってください。
多少腐女子的傾向もありますので、お嫌いな方はお気を付けくださいね。

***

カレンダー
10 2014/11 12
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
244_love
最新CM
[02/19 琥珀]
[01/21 えりさ]
[04/22 レイン]
[04/15 さや]
[04/08 ゆう]
ぐーばー
最新TB
プロフィール
HN:
ymi
性別:
非公開
自己紹介:
あらゆることに手を出してますが、一つとして極めていません。

クリックで救える命がある。
メールフォーム
バーコード
ブログ内検索

Designed & PHOTO by TKTK


忍者ブログ [PR]携帯 旅行予約