忍者ブログ
TSUYOSHI DOMOTO 溺愛ブログ
2019 / 11
<<    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
[833] [832] [831] [830] [829] [828] [827] [826] [825] [824] [823
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
もうなんだか、悔しくて悔しくて悔しくて、そして哀しくて涙が出てきました。

ツイッターのお話でごめんなさい。
そしてなんだかどんどんあほらしくなってきたけど、隠しつつも置いておこう。

拍手


この間から剛さんがみなとつながってくれるために作ってくれたえにゆいのタグを作ってくれました。
その前に、shamanipponというタグを作ってくださった方もいたのです。
タグというのは、文といっしょにそれをいれることで検索しやすくするようなものです。
同じ思いを持った方が発言し、そのタグをつけることでいろんな思いを共有することができるのです。
そしてもちろんえにゆいは公式タグですから、たくさんの方がそれを使って剛さんに話しかけたり想いを投げたり、タグをたどるだけでみなさんの優しい思いが流れ込んできていつもほっとするものでした。
だってとてもとてもやさしい気持ちで溢れていたから。

それなのに先日からそのタグをつけて定期POSTという形でフォロワーを増やそうとする方がでてきました。
それも一時間に一回流したりして。
はっきりいってイラっときます。
フォロワさんを増やすのは自由です。
いくらでも増やしてください。
でもなぜそれにみんなが大事にしているえにゆいのタグを使うのか。

剛さんがどんな思いでここまでたどり着いてタグもつくってくださったのか。
ほんとにわかってる?

 ”縁を結ぶためにタグをつかいました。”

そんな一言で済まされることなのか。
そんな無理やりな縁、ほんとにつながっているの?
フォロワが2千人もいて、数人としかやりとりをしていないということはそうゆうことではないのかな?
こんなつまらないことでえにゆいタグが消えたら許さないからね。




えにゆいタグをそんな風に使われて不愉快に思うわたしは心が狭いだろうか。
どう使っても自由というけれど、それで剛さんの思いをほんとうに汲んでことになるんだろうか。

暗い内容でごめーんね…てへ。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
よしよし
ちょうどあの方のツイートを見た。

考え方は人それぞれだけど、剛さんがあのタグに込めてる想いをもう少し考えれば、あんな使い方はしないはずだが・・・

悲しいね。

でも涙流さないでね。こんなことで涙はもったいないよ。
いつもymiさんの明るくてかわいいツイートが好きだから♪
笑ってね(pД*q)\(´∀` )
レイン 2011/04/22(Fri)23:49:16 編集
レインさん♪
わーん、よしよしされた~(>_<)
ツイに今いないのにレインさんからコメントwwうれしいありがとーん。

そうなんですよね。
あそこに行きつくまでにどれだけの壁を乗り越えてくれたのかを思うと、そうそう気軽に使えないっていうか。
こちらも思いが重いのでw←
そうかな、そうだね。
涙もどってこぉぉい!もったいないおばけ~。
明るくてかわいいかはわかんないですけど(笑)
いつものあほあほなツイに戻りまぁす。
コメントうれしかった!ありがとう~。

【2011/04/23 00:03】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



ごあいさつ
ようこそ、いらっしゃいませ。

KinKi Kidsについて文を重ねています。とくに剛さん。
基本的に溺愛しております(*^_^*)そこから派生するいろんなこと、生きていることあっちこっちつつきます。
賛同していただけましたら、どうか拍手でも送ってやってください。
多少腐女子的傾向もありますので、お嫌いな方はお気を付けくださいね。

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
244_love
最新CM
[01/12 大翔]
[02/19 琥珀]
[01/21 えりさ]
[04/22 レイン]
[04/15 さや]
ぐーばー
最新TB
プロフィール
HN:
ymi
性別:
非公開
自己紹介:
あらゆることに手を出してますが、一つとして極めていません。

クリックで救える命がある。
メールフォーム
バーコード
ブログ内検索

Designed & PHOTO by TKTK


忍者ブログ [PR]