忍者ブログ
TSUYOSHI DOMOTO 溺愛ブログ
2017 / 09
<<    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
[1314] [1312] [1310] [1309] [1302] [1308] [1307] [1306] [1305] [1304] [1303
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
とにかくやはり緊張してたのかな。
みてるこっちも緊張してるし(笑)

2時間疲れました、いやはや。
今回ゲスト6組という少なさはありがたいんだけど、なんせVTRが長すぎる。
あれ、出てる方も結構しんどいんじゃないかなあ。ワイプで抜かれるからぼーっとできないし。
相変わらずかわいらしい剛さん。
茶髪そのままで、水玉ブラウスの上に黒のベスト。紺色カジュアルなジャケットにグレーの少しジョッパーズなパンツ。
赤青いろんな色の入った靴下に、黒いタッセルシューズかな?


ランキングでフラワーが入ったとき、じーっとみててそれでありがとうございますって目線きたーw
相方さんみてちょっとはリラックスできたかしら。
もっともっとキンキさんいっぱい入ればいいのに…。

剛さんは元気をもらえる歌にはミスチルさんをあげてました。
なぞを解いてた時…って金田一のときね(*^_^*)
そしたら18歳のころの写真がばーんとでて嫌がってたな、ふふ。
その写真を見てレーズンみたいってレーズンってなに!?どこがw本人に問いただしたい。
そこでタモさんとおしゃべりしてほんわりした笑顔も見れました。





そして、栗山さんのハードな歌のあと続けての剛さんのしっとりな「I Love you」
なんつうかもう緊張すんね!




歌の素敵感想についてはほかにもいっぱい書かれると思うのであれなんですけど。
なんだろうなー。
曲に寄り添うっていうのはこうゆうことなのかな、って。
決して尾崎さんのマネではない、剛さんのこの歌い方が好きです。

ただ、なんか苦しいのです。
見てて息を止めてしまう感じ、胸が苦しくなる、のどが詰まる。
ハードリピできない。
きっと見慣れたらなんていうことないんだろうけど、今日の観た感想として書いておこうかと。

尾崎豊さんについてはわたしもめちゃめちゃ詳しいわけでもない。
年ばれるけど(笑)それなりに世間にのって流行ってる時に聞いてた。
そして、突然の訃報。
衝撃だったなー。
一般ファンのわたしでさえ衝撃だったんだから、ファンの方の衝撃たるやいかほどかと。

そして多数の曲が遺された。
ずっとずっと歌い継がれてちゃんと残ってる。
その中の代表的な1曲がこの、I Love you。

いろんな歌をカバーすればいいのに、とカバー流行りのときからずっと思ってたけどカバーをする難しさを剛さんにたーんと教えていただきました。
歌いたいから自分なりに、自分のものとして歌う、そんな方が大多数でしょう。
でも、剛さんは違う。

雑誌でもうよほどの理由がないかぎりカバーはしないと断言してて、もったいないなと思ったのですけどなんとなく意味が分かるような気がした今日の歌声でした。

そして人生唯一になるかもしれないこのアルバムがとてもとても楽しみです。



最後おまけw



アヒル口w



拍手

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



ごあいさつ
ようこそ、いらっしゃいませ。

KinKi Kidsについて文を重ねています。とくに剛さん。
基本的に溺愛しております(*^_^*)そこから派生するいろんなこと、生きていることあっちこっちつつきます。
賛同していただけましたら、どうか拍手でも送ってやってください。
多少腐女子的傾向もありますので、お嫌いな方はお気を付けくださいね。

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
244_love
最新CM
[01/12 大翔]
[02/19 琥珀]
[01/21 えりさ]
[04/22 レイン]
[04/15 さや]
ぐーばー
最新TB
プロフィール
HN:
ymi
性別:
非公開
自己紹介:
あらゆることに手を出してますが、一つとして極めていません。

クリックで救える命がある。
メールフォーム
バーコード
ブログ内検索

Designed & PHOTO by TKTK


忍者ブログ [PR]