忍者ブログ
TSUYOSHI DOMOTO 溺愛ブログ
2020 / 04
<<    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
[1105] [1104] [1103] [1102] [1101] [1100] [1099] [1098] [1097] [1096] [1095
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
ラジオで新曲「変わったかたちの石」が流れました。
しかもフルバージョン。

今回の新曲に関してはいつもとは違った思いがあり。
なぜ今なの?というのが非常に大きかったのです。
この忙しいバタバタとした時期にだす意味がなんかあるのだろうか、と。
それは今出したかった内容であったりとか、まあ季節の関係とか、KinKiとして1月に出すということをいろいろと考えてしまってたわけなんですよね。

そして、聴きました。

あれ?

最初の印象です。
確かに曲として悪くない。
詩の内容もいい。
剛さんが涙腺が緩んだっていう意味も非常にわかる。自分に重ねちゃったんだね。
だけど、うん。
インパクトに欠けるなあ、っていう印象。
これがシングルカットなんか、へー、っていうもやっとした感想。
さらに、上記のようななんらかの「意味」つけるような、曲への想いなんかも聞けると思ってたらさらっとね。
ほんとさらっと、このラジオがいつ流れるかもわかってない感じの曲紹介。

あれれー?
疑問が解決しないまま、さらに不信感つのるぞー?(笑)

そして明けて朝。
聴いて見ました、曲だけ。
そしてね、なんかああ、そっか、と思ったのはこれはKアルバムと同列なんだなあ、と。
ほんとに一緒にとって、Kアルにどれをいれて、なかからこれをたまたまシングルカットしただけなんだなあと。
この曲がアルバムにはいってたら、ええ曲やなあっていうと思うのよね。
お気に入りになるかもしれない。
そんな気がしました。

まあね、それならKアルと同時発売にしてくれたらよかったのに。
どれもシングルカットしてもいいような集まりだから、それでよかった気がするのにな。
その中での、あえてこの曲、この時期。
大人の事情がちらちらと垣間見える気がするのが、気のせいではあるまい。

いっそのこと1位退いて今後好き勝手な時期、曲調を選択できるようなKinKiKidsに生まれ変わってもいいのよ~。
(なぜか上から目線でおわる)




拍手

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



ごあいさつ
ようこそ、いらっしゃいませ。

KinKi Kidsについて文を重ねています。とくに剛さん。
基本的に溺愛しております(*^_^*)そこから派生するいろんなこと、生きていることあっちこっちつつきます。
賛同していただけましたら、どうか拍手でも送ってやってください。
多少腐女子的傾向もありますので、お嫌いな方はお気を付けくださいね。

カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
244_love
最新CM
[01/12 大翔]
[02/19 琥珀]
[01/21 えりさ]
[04/22 レイン]
[04/15 さや]
ぐーばー
最新TB
プロフィール
HN:
ymi
性別:
非公開
自己紹介:
あらゆることに手を出してますが、一つとして極めていません。

クリックで救える命がある。
メールフォーム
バーコード
ブログ内検索

Designed & PHOTO by TKTK


忍者ブログ [PR]