忍者ブログ
TSUYOSHI DOMOTO 溺愛ブログ
2019 / 11
<<    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
雑事。
いやー、年末ですね。

そしてあまりにもあわただしいキンキさんの露出祭り。
1年なんもないのに1日で2番組もTV出演あったり雑誌はでたりと、なんじゃこの「きゅっ」っと詰まった感は!
もちろんそれぞれ息止めてるくらいの勢いで見させていただきましたけどね。

そんな土日を過ごした後、今日の朝TVつけたら手越くんが映ってたんです。
いつのまにか、またもや金髪で(*^。^*)
はは、ちゃらお復活やん。
あの黒髪はサッカー用やったんやろか(詳しくはしりません)。

それでね、おお!テゴちゃんやーん!とか思ったの。
気軽に、かわいいやつめ、ってね。

ふ、と思ったことがあって。

なんかさ、必死すぎるなー、と。
そのあとツイとかを見ても、いろいろとなんか必死だもんなー。
わたしのツイでいえば、きんきと剛さんに必死すぎる。

剛さんが危惧してるのはこうゆうことも含まれてるんだろうね。

ネットで情報が入ってくるから、知ったら逃したくないって思うしどんどん追っかけちゃうんだな。
他の方が必死でゆってたら自分も負けじと思っちゃうんだな。
確かに、楽しいのよね。だって好きな人をずっと追いかけていられるんやもん。

追っかけてることが「楽しみ」な時は大丈夫じゃないかって思ってるんだよね。
でも、なになにしなくちゃいけないとかになってくるとダメなんだろうなって。
でもそれになりがちな情報量なんだよね。
追っかけられるようになっちゃダメだ。

その時は一旦、止まろう、そして一旦切り捨てよう。
またはじめればいいし。

好きな気持ちもそう。
一旦、ふーふーして新たな気持ちで感情があふれたらいいし、楽しい気持ちになれればいい。

さーて、今週末からキンキのライブが始まります。
年に一度のお祭り。
楽しい日々になりますように。

自分にとっても、あなたにとっても。きんきさんにとっても!

拍手

12月12日、Lにちなんで12日にLアルバムのスペシャルイベントがありました。

実際もやもやしているのです。
こうなるのはわかりきってたのですけども。

今回は日程がキツイこともあって申し込みもしてなかったんですが、当選で喜ぶ方にスッキリせず(ごめんなさい)、当日も始まるまでは撮影OKだったようで、事前にしゃれたケーキや飲み物がアップされてたのですが、それをみてもさらにスッキリせず、モヤモヤが募るばかり。
約1時間で終了したイベント後、行かれた方がいっぱいレポ落としてくださって…。
剛さんがいつものように、みんなでフェアして、って。
うん、…まあ。
でもね、つおし、その場の出来事をフェアはできるかもしれないけどね、でもね、幸せじゃない気持ちは失せないのよー。

歌を6曲?合間合間にMCもはさんでて。
聞けば聞くほど楽しい催しだったようです。

Lアルバム イベントまとめ

昨日のMCで好きなとこいっぱいあるんだけど、一番のお気に入りは剛さんが最近眠いってゆったときにこーさんがこの間のラジオでも始まるまでは元気やったのにはじまったら仏像みたいやったで、と。
剛さんは歌をきいてるうちにかなり眠気が襲ってたっぽい。
ふふふ。
こーさんが剛さんを例えるの珍しいなあとかおもったり。元気やったのにっていうのもうれしい。
ただただこうゆう日常に溢れた会話がうれしいんですよ!きっずさん!

あれだよね、最近一緒にいることが多いせいか「二人」でいる雰囲気はまさにキンキキッズを彷彿とさせるっていうか。
これだよねー、こののほほーんだよ、って思う。
こーさんはなんかテンション高くて、適当に暴言吐いてたり。
剛さんは、なんかあちこちで眠いってゆってたり。
こーさんは自分がなにをいおうが、隣からフォローがあるのわかってるからあんま考えずにしゃべってて、剛さんはお隣さんがいるから自分だけっていう緊張からたぶん解き放たれてるんだろうなーって。
一人だったらさ、あんまり暴走もできないじゃん?
突っ込んだりふわふわしたり、ソロじゃなくて二人であることを一番実感してるのは二人かもしれないなー、なんて。
っていうかしてください。

このイベントがあってね、WSとか雑誌とか露出につながってるのはとっても嬉しいの!
こうゆうのあるとやっぱり一般の方とか、軽いファンの方の目に触れて、へー、アルバムでるのねっていっぱい言われてるのよね。
だからほんと露出大事!

ただ。

120人(12にこだわるわね)入ったそうですよ。
あんまり言いたくないけど、それでもいいたい。

キンキさんといっしょにすごしたい人は何万人といるんです!

数年前からこういう形のスペシャルイベントが増えて、全く参加できない私のような人もいればどれにも参加できてるような方もいる。
そりゃーね、拗ねるよ。

あんまいいたくないからいわない。
ただ、せめてDVDは大盤振る舞いしてくれませんか。
なんなら販売していただいて全然かまわないのに。


そして、一番スッキリしないのは日テレの「スッキリ」で流れたのに予約してなかったことだよ~~!
なんてこったい(>_<)




拍手

昨日から毎年恒例、FNSの楽屋からおおくりするどヤの季節がやってきました。
お二人そろっての登場です。
しかもテンションがありえん高い(笑)

はがきでFNSの時に収録してるラジオが楽しみですっていう内容で、まさしくその通りだったようで。

T「オマエの今・・座席の下に、オレンジのなんか知らんけどシート敷かれて、さてはオマエ髪切って染めるつもりやろ」
K「その・・さてはです。もう始めるとは思ってなかったから、ちょっとオレもびっくりやけど」
T「もう、つるっぴかにしちゃってよ」
K「つるピカハゲ丸」

剛さんがおまえっていうのなんか久しぶりに聞くようなーw
大抵大人しく光一くんとかお隣とかいうことが多いもんね。なんか嬉しかったり。
ここんとこ一緒にいることが多いからかなー。
そんでこーいちさんが始めるとは思ってなかったのは、髪の毛ですか?ラジオですか?
どっちにしても恒例すぎやろ(笑)
自分でハゲまるとかゆっちゃってるし、剛さんそこまでゆってないし(*^。^*)

普段のラジオで剛さんの担当の時、車の音が入ってたりするというはがきから、こーさんは「おれはQR行ってるな」、と。
対して剛さんは「あ、僕行ってないです」ってさらっと。
こーさんが、どゆことそれと聞きますが、わかんないですって、剛さん。ふはw
QR(アールの発音良く)の発音良すぎて止められちゃうんですよ、などとまた適当な理由をつけだす剛さん。

ここにも映画RUSH吹替えの余韻が!(笑)
ここんとこずーっと発音に関してなんやかんやということが多いのはたぶん英語に触れる機会が多いからかな、なんて。

そんでもうこっからですよ。
わっちゃわちゃですよ。

社会科の先生フェチがセーフかアウトかというはがきを読んで、最後に「実に面白い」といきなり物まねを始めるつおし。
「…福山さんがいる」とぼそっというこーさんがたまらん。
こうゆうの絶対無視しないよね、乗っかるよね、しかも普通に!

この後も「実に面白い」「きらいなんじゃない、苦手なんだ」と真似続けるも、初めのほうが似てたとこーさんに言われて、

「べいべっ」「ん~~っ」

と真似する人を変更します、あっはっは。
それでまた「…玉置さんや」とぼそぼそのっかるこーさん。

なにこの雰囲気!もう!

玉置さんがおるってこーさんにいわれて、「でんえ、ん~~♪」とかやりはじめて、盛りすぎや!とこーさん。
「えー、盛りすぎぃー?こんなんやったけどなぁ。泣かないで♪ひっとりで~♪いつかの堂本兄弟で…ほほえんで♪みっつめて~♪」
とうとう歌いだします。

K「ええからはよいけや(笑)」
T「あなたの~♪そばぁーにいるから♪」
K「もうええから、次行け、つぎー」
T「ふふっ、ぼくがアウトでーす」

ってね、これこれこれー。
これぞきんききっずー!
次とかいわれて大人しくするわけもなく、やりたいだけ続けちゃう自由自由♪
いくらでも引っ張っちゃう。
あーたのしいな!

んでこの後、誰か探してた人が入ってきたのか、こーさんが「おれの上着ない?」とたぶん席外して聞いてます。
剛さんはそのまんま「上着はねー、さっきすてましたー」とか自由発言してて。
そのあと、こーさんが

「ちゃうわー!ぼけー!」

とマイク外れながらもいきなり怒ってまして、あっはっはっは。
それに対して、剛さんと周りのスタッフさんが「こっわいな~~。瞬間湯沸かし器ですねー、冬はいいね」などとのんきそのもの。
剛さんはたけしさんの「アウトレイジだな、バカヤロウ」とかまた別の物まねしてるし、もうわっちゃわちゃ。
「ちゃうわー」といいつつ席に戻ってきたこーさんに、「衣装の上着渡されてたな」と剛さん。

これが剛さんのフォロー。
こーさんが怒ってもしゃーないよ、と。

こーさんが剛さんに怒ったんじゃないかと勘違いしてる方がおられたみたいなんですけど、まさかー(*^_^*)
ふはは、ありえん。
こーさんがどんだけ剛さんに甘いか(爆)

このあと歌にいくんですけど、

T「むくのはね、どうぞ…べいべっ」
K「…あ、いた(ぼそ)」

拾うな~さすがやなっ!


昨日のラジオ聞いて昔のラジオを思い出したんですよ。
まさにこんな感じで自由、ラフ、やりたい放題。
二人でずっとやってて、ほんとどうしようもない時だけひとりラジオになってたもんね。
月曜から金曜までやってたし、コーナーとかいっぱいあって楽しかったなー。
剛の作曲ずどーんずどーんずどーんとかめっさ適当なこと歌ってるのに、ちゃんとそれに対してよかったとか悪かったとか評価するこーちゃんとかさ。

なつかしいな。
家に山ほどMDがあるな(笑)その前はたぶんカセット…。

せめてどヤだけでも年間とおして二人でやってくれないかなぁ。
ダメなのかなぁ。

もう少し、もう少しだけでも二人一緒の活動を増やしてほしいんだけどな。


さ、今日も明日も続く、たぶんこれ以上にないくだらないラジオ超絶楽しみにしていますよ!


拍手

続いて次の日、28日。
この日は1時から小喜利があるので、あまり余裕のないままそれでも遊ぶ。

今日はかっぱ橋に行ってみることに。
地下鉄銀座線で田原町まで。
そこから歩いて5分ほどいったところ、角のお店です。


和の器「田窯」さん。
覚えておられますかねー?ブランチで入ったお店ですね。


それで、はっけーん!
剛さんがお持ち帰りした赤い器です。朱色ですわね。

これが同じ系統のひとつ小さい形。



きれいな色ですよw
大きいほうはさすがに使える用途が思いつかず、小さいほうにしました。
お花を飾ってもいいし、もちろんお茶碗として使ってもいいかもです。


もひとつ購入。
富士山の手書きイラストが描かれた焼酎カップ。
今日さっそく焼酎カップとして使ってみましたけど(*^_^*)
普段はコーヒーでも飲みたいと思います。

いろんなお皿やなんやかんやおいててテンションあがる。
剛さんがその時に選んだお皿なんかもいくつか発見しましたよー。

そして今日はここまで。
24ちゃでもかっぱ橋行ってたけど、そっちはまた次回持越し。

さーて、あとは小喜利千穐楽残すのみ。


新橋演舞場はこんな感じです。


入口に飾られたでっかい提灯。松竹のといっしょかなー?


一歩入ると小喜利ワールド!
あちらこちらにちっちゃい提灯が飾られていますよ。


ちょっとアップ。

剛さん昨日はかなりお疲れのご様子だったのですが、この日は顔もすっきりとされてまして。
やはり2公演はかなりの負担なのだろうな、と。
それとこれで最終日というのもあったかも。
あと、天声さんが博多大吉さんだったのですけど、心待ちされていたようで(笑)
とても嬉しそうでした。
しかも大吉さんうまい。
剛さんが考えられてる間のトークも楽しかったです。

剛さんと会われるのは初めてに近かったようで、今日会って打ち合わせというかご挨拶されて、近くで拝見させてもらったけどかっこいいですねぇ、といってはって。
剛さんは、え、打ち合わせの間そんなことおもってはったんですか?と。
話の入口からとっても楽しかったです。

小喜利大好き。

全部DVDにしてほしいくらい。
この日、最後花道のすっぽんから帰ることになってたようで、舞台から花道のほうに剛さんすこし動かれて、そこで近くの方とちらちらとお話しされてたんですけど、もし近かったらDVDにしてほしいと直訴できたのにーっ!
とっても残念。
小喜利は見れない方も多数おられるし、ぜひともDVDにして残してほしい。
そしてDVDにするときは答えを考えてる間もそのままにしてくださいねー。
あの「間」がいいんですから!
よろしくお願いしますよ~!

小喜利後、お茶でもする~?ってことで近くでお茶してたんですけどそのときにツイ上にファミクラでクリスマスの写真が掲示されてるよっていうのが流れてきたんです。
しかも、剛さんのその1枚のかわいいことったら!!

…私たち速攻です。

6時までやってるらしいと(あとで業務の時間と判明、場所はその後も開いてた)いそげー!と電車乗り継いで渋谷まで。
ちょっと間違えたりして、5時45分に到着。
ほんとだー、クリスマス仕様になってるやん。
硝子の中の壁にはいろんなグループの写真とクリスマス&お正月メッセージ。
キンキさんのとこも並んでましたねー。
ぱしゃぱしゃと写して、7時過ぎの新幹線に乗るべくあわてて帰途しました。

まさかその後あんなことになるとは…。

文句は山ほどありますが、仕方ないで済ませているのは好きなアーティストがそこにいるからです。
それをお願いだから逆手に取らないでほしい。
私たちは応援したいだけなんですよ。
書きだすといっぱいあるのでやめておきますが。

今回も充実、たくさんたくさん笑顔になれた旅となりました。
お付き合いいただいたみなさま、ありがとうでした~。
次は、大阪で!
お待ちしていますよ。

拍手

ご縁をいただき、東京の小喜利にはいらせていただくことができました♪
そして、いつものごとくそれに合わせてのつよしめぐりもしてきましたよー。
よければお付き合いください。

27日から上京したのですが、お天気のいいことったら!


ほんとに久々富士山をとてもきれいに見ること出来ました。
ここんとこずっと数年雲がかかってみれなかったんだよねー。
ほんとに美しい。


東京到着~。
友達と待ち合わせる間、暇だったのでパチリ。
上向いて撮ってたら道行く人が何かあるの?という感じで上向いてましたが、すんませんなんもないっすwww

本日は小喜利タイムまで下北に行くことに決定。


そしていきなりの目的地からの離脱(笑)ホテルから地下鉄に歩く途中で100%チョコカフェ発見しちゃったので入りました。
中で食べるの2回目くらいかな?
そしてメニューも見ずに、ミルクティーを発注する私たち。
「すいません、ミルクティー置いてないんです」
がーん(笑)
私たちがあまりにも落胆した様子だったのか、ミルク2個つけときますね、といわれちゃったよ。
今回の旅も笑いに満ちていそうだ…。

そして下北到着!


駅から歩いてすぐ、無印さんに入ります。

これにももちろん乗る!そして2階でおりる。ふっ。


2階はベッドとかファブリック系なのでちらーっとみて、3階へ。
3階は細々した、オーガニックの化粧品とかキッチン用品からお菓子までなんやかんやおいてありました。
スプーンはおなじやつかな?お買い上げー。
あとはアールグレイの紅茶と口の水分がとられる例のお菓子を。
クリスマスシーズンなので、それ系のお菓子いっぱいおいてたよ。

そっから歩いてほんの数分。


東洋百貨店さん。


帽子屋さんももっと広いのかと思ったらすごく狭い。
うろっとしたらもう終わり。


ここはにゃんこの服がいっぱい。つおしさんが買われたやつも置いてたよー。
いろいろと真剣に買おうと思ってみてたけど断念。
でもかわいかった。猫とか動物系のプリント好きにはたまらんと思います。

東洋百貨店さんのなかはぐるっといろんなお店が入っていて一周できるようになってます。
古着もそうじゃないのもあって、楽しめますよん。

んで、また歩くこと数分。


お?フラミンゴ発見…と思ったけど、ここじゃないなー。
(ここもブランチで入ってたところなんですね!そういえばそうかも…うろ覚えですいませんー。あのへんなにゃんこ買ってたのがここだった。また次回ちゃれんじ)


足元をみると、ここからもうちょっといったところにも一つあるらしい。
しかも「マバタキ店」って!ええーっ!前からなの?
まばーたきー、するーたびー♪おもわず歌うよねw


そして到着ー。目印の赤い靴。


そして電球壊してたやつ。そのままちょっとぶらーんとなってましたけどw

横にある階段をあがっていきまーす。


ここか!お菓子の品評会してたとこー。狭い狭い。そして座ってきたけど(笑)


お店の入口はこんなかんじ。
2階はちょっとアンティーク感の強いものが置いてました。つおしさんすきそーう。
1階は普通の古着屋さんって感じ。何しろ品数が多い。

写真忘れたけどDrマーチンも行って入ってきました。
あの靴を試着してたところもあったけど、すっごい狭いの~。
なんというTVマジック。
小っちゃい店でびっくりしたわ。

下北はいいねー。楽しかった~。
今度は時間制限ないときに行ってみたい。
お店が並んでるのですぐに入れるのと、街がそんなに大きくないのでくるっと一周するのが簡単。
おもしろそうなお店がいっぱいありました。
ちょーお高い店から古着まで。
そしてまったく関係ない普通のお店のところで、ニットワンピースとその時急に寒くなったのでファーを購入。
ファーは割引もあって840円、まいどあり。

そしてもうちょい時間あったので、テングを見つけていってみることに。



時間が遅かったからか中には入れなかったけど、なぜかでっかいテングが飾ってありました。
しもきた天狗祭り
節分のときにお祭りがあるのねー。

その後、銀座に舞い戻る。


演舞場の近くにデニーズがあるので、そこでハンバーグをいただきました。
おいしいー!カロリー高いけどー!
さすがにみなさんよく御存じで昼の部終わった瞬間に満員となってましたよ。
たぶんこの時の3日間は大賑わいだったはず。
そして、剛さんがキウィって言ったの?なので、キウィジュースが売り切れとなってました。
つおし効果おそるべし。

そして、新橋演舞場へ。



堪能しました(一言で終わらすでない…)


これはおまけ。ホテル近くのビル。すっごい電飾でございましたことよ。

28日に続く。


拍手

きんきちゃんとつおしちゃんがメインでござるおさる。


12/4  CD: Lアルバム発売
       TV: FNS歌謡祭
      雑誌: TV LIFE、TV Station、TVガイド、ザテレビジョン(?)
12/6   雑誌: オリスタ(表紙)
12/7   ラジオ: またまた突然ですがKinKiKids生放送
12/10  雑誌: Rolling Stone Japan
12/13  雑誌: ザテレビジョン(?)
12/14  TV: MUSIC FAIR
         NHK SONGS
     雑誌: 月刊ソングス(表紙)
12/19  雑誌: TV navi、月刊ザテレビジョン、月刊TVガイド
         シネマスクエア
12/21  雑誌: VoCE(光一さん)

12/22 ライブ: Lコン大阪
12/23 ライブ: Lコン大阪

12/28 TV: 世界ふしぎ発見(剛さん)

12/31 ライブ: Lコン東京
1/1  ライブ: Lコン東京

1/8   TV: ココロ見「時」前編
1/10  TV: ちょこっとサイエンス
1/13  TV: ココロ見「時」後編
1/15  DVD:平安神宮2012 「ヒ ト ツ」
1/24  TV: ちょこっとサイエンス


□ちょこちょこラジオ

12/2-5  18:00 あつまれ!MUSIC COASTER」(FM OSAKA)
12/2   22:00 MBSうたぐみ Smile×Songs(MBSラジオ)
12/4   16:00 Hyper Night Program GOW!!」(FM福岡)
12/13  22:00 ガチ・キン」(ABCラジオ)
12/15  7:00 山口達也 TOKIO WALKER(NACK5)


間違ってたらすまーん。
ちょいちょい追加していきますよん。
Rolling Stone Japanてはじめてかしらね?楽しみ。

拍手

ご、ご無沙汰しております…。
ちまちま書いてはそのままになってる非表示の文章がちらかっております、すいません。

とりあえず!

剛さ~ん!世界ふしぎ発見のナレーター、おめでとうございますぅぅぅーっ!

もう、これ見た瞬間ちょー、喜んだね!
なんて嬉しいのー。

『12月28日放送!「世界ふしぎ発見!」

「伊勢・出雲・纏向」
奈良の纏向遺跡などを取り上げ、堂本剛がナレーションを』

ですって。
もう、堂本剛=奈良がすっごく浸透してきてるってことだよね、やったね、観光大使!
(そういえば、新しい名前はどうなったんだろうか)
それもうれしいことだし、もう単純に剛さんの声のお仕事が舞い込んだのが嬉しい。
ラジオでのおしゃべりも歌ってる声も、普通にしゃべってる声もみんな好きだもーん。
きっと、これは落ち着いた声が聴けるね。
みんなつよふぁ~ふぁにやられないようにしないと!

声のお仕事は映画の吹替えが初めになるかとおもいきや、ナレーションが先にきましたねー。
映画もものっそ楽しみにしてる。
先にRUSHの試写を(普通の)見られた方が、吹替えがキンキってその時はご存じなくてあとで知ってから、この難しい役を剛くんがやるのか、楽しみとゆってくださってる方がいたりして、にやりとほくそえんでみたり。
役者、堂本剛がどう声の仕事に向き合ってくれてるのか、楽しみで仕方ない。

2月7日公開が楽しみです。
今の悩みは、まずどっちでみるか。
字幕でみるか吹替えでみるか、それが問題だ。
楽しみな悩みでございますよ~。

歌声ももちろんだけど、ラジオからの声とかおしゃべりの声も大好きなので、ぜひともこれからもいろんな声のお仕事もしてほしいわ~。
剛さん、本の朗読を奥さんにしてほしいってゆってたけど、実は剛さんにしてほしい(爆)
文字が多すぎてダメかしら?

だれか、オファーしてくださいー!

拍手

KinKiKidsさん、やっとのことでアルバム発売の詳細がきましたよー。




「L album」のテーマは“LOVE & LIFE”
LOVEをテーマとしたDISC LOVE、LIFEを
テーマとしたDISC LIFE。玉置浩二、矢野顕子、
奥田民生、高見沢俊彦 等、豪華作家陣参加による
KinKi Kids初の2枚組アルバムです!!

■初回限定盤:JECN-0333/335 ¥ 3,800+税(税込3,990円)
★2CD(全16曲収録)+DVD(1枚)
PREMIUM PACKAGE /32Pブックレット
★DVD収録内容 (APPROX.19min.)
<Music Clip>
・変わったかたちの石
・まだ涙にならない悲しみが
・恋は匂へと散りぬるを

■通常盤:JECN-0336/337 ¥ 3,500+税(税込3,675円)
★2CD(全18曲収録)
・28Pブックレット
・Bonus Track
「Candle Night」
「君らしく生きる君が好きだ」

【曲目詳細】
<DISC LOVE>
01. むくのはね 
作詩・作曲:玉置浩二 編曲:吉田建 コーラスアレンジ:Ko-saku

02.勇敢な君に 
作詩・作曲:矢野顕子 編曲:武部聡志 コーラスアレンジ:Ko-saku

03. まだ涙にならない悲しみが 
作詩:松井五郎 作曲:織田哲郎 編曲:亀田誠治 コーラスアレンジ:Ko-saku

04. この月は沈まない 
作詩:松井五郎 作曲:瀬川浩平 編曲:生田真心 コーラスアレンジ:Ko-saku

05. Cool Beauty 
作詩:Satomi 作曲:林田健司 編曲:CHOKKAKU コーラスアレンジ:Ko-saku

06. 3-2-1 
作詩・作曲:宮崎歩 編曲:宮崎歩, 石塚知生 コーラスアレンジ:Ko-saku

07. Stand By Me 
作詩:Komei Kobayashi 作曲・編曲:田中直

08. i love you 
作詩・作曲・編曲:吉田建 コーラスアレンジ:Ko-saku

09. 恋は匂へと散りぬるを 
作詩・作曲・編曲:吉田建 ストリングスアレンジ:佐藤泰将 コーラスアレンジ:Ko-saku

<DISC LIFE>
01. スピード 
作詩・作曲:奥田民生 編曲:白井良明 コーラスアレンジ:Ko-saku

02. 命のキセキ 
作詩・作曲:高見沢俊彦 編曲:CHOKKAKU コーラスアレンジ:Ko-saku

03. 変わったかたちの石 
作詩:秋元康 作曲:マシコタツロウ 編曲:武部聡志

04. Tomorrow Again 
作詩:前田たかひろ 作曲:原一博 編曲:家原正樹 コーラスアレンジ:Ko-saku

05. ウタカタ 
作詩:浅田信一 作曲:井上慎二郎 編曲:CHOKKAKU コーラスアレンジ:Ko-saku

06. Morning Glory 
作詩:井手コウジ 作曲:井上日徳 編曲:清水武仁 コーラスアレンジ:Ko-saku

07. WELCOME 
作詩:藤原優樹 作曲・編曲:江上浩太郎


Bonus Track *通常盤のみ 
<DISC LOVE>
10. Candle Night 
作詩:Komei Kobayashi 作曲:Kiyohito Komatsu, Samuel Waermo 編曲:Janne Huttunen, Pessi Levanto
コーラスアレンジ:Ko-saku

<DISC LIFE>
08. 君らしく生きる君が好きだ 
作詩:秋元康 作曲:馬飼野康二 編曲:生田真心 コーラスアレンジ:Ko-saku




簡単に言うと、
初回盤:CD2枚、MV3曲はいったDVD付、パッケージ32P、奥田民夫さんのMV(フルアニメ)付
通常盤:CD2枚、プラス2曲、パッケージ28P
両方にID入りで2枚申し込みで、A賞:スペシャルライブ招待(12月中旬)、B賞:A賞のライブDVD抽選
ってことですかい。

初回は通常より300円お高い、と。
それと、

【先着購入特典】初回限定盤:クリアファイル(A4サイズ)通常盤:ポストカード
がつきますよ、と。

はじめ情報がきたときに、2CD+DVDしかわかんなかったのねー。
その時にメイキングじゃないの?って色めきたったわけですよ。
だってさ、はぴくるでちょっと流れたわけやん。
撮ってるんやん、当たり前だけど。
それでどんどん詳細がわかってきて、え、なに、シングルのMV?!ってなってかなりのがっくり加減。

なんなんーっ!
それ、この間こーてるし!なんなら数枚あるし!
これ、初回を購入する意味ほとんどないやんー。
奥田さんのMVだって、二人をイメージしたキャラのアニメだよ?
なんだそりゃ。
それこそレコーディング風景でも映してくれるだけで、めっちゃ満足なのに。
一人づつでもいいよ、別に二人そろってくれてなくてもさ。そんなのとっくにあきらめてるし。

なんなんーっ!
ほんま。
すっごいそこんとこ不満。



で、まあ、気を取り直して。( -_-)旦~ フゥ...

剛さんがしきりに大物アーティストとかあの方から、とかゆってた意味がわかったねー。
奥田民夫さんだってー。
(*^0゚)v ィエーイ☆彡
そして、そして、そして、矢野顕子さんだってー!
(*^ー゚)v ブイ♪

まさかの、ですね。
玉置さんをアルバムに入れるにあたって、1曲だけだと浮くからかもしんないけど(笑)
ちょっとそっちの方面の方を入れてくれて、っていうかほんとよく書いてくださったなあ。
どの方にしても、一癖ある方ばかり。
きんきたんがどんなふうに仕上げてきてくるのか、非常に楽しみです。

あと、宮崎歩さんは、「to Heart」「欲望のレイン」の方。
前田たかひろさんは、「キミハカルマ」「99%LIBERTY」「ユメハジメハナ」の方。
浅田信一さんは、「永遠のBLOODS」「エンジェル」 「月光」 「テノヒラ」「真冬のパンセ」 「風のソネット」の方。
井手コウジさんは、「Bonnie Butterfly」「ミゾレ」「星のロマンティカ」「涙、ひとひら」の方。
その他もろもろ。

いつものきんきの感じと、ちょっと違うテイストと両方味わえるかんじかなー。
歌は楽しみ。
ほんと楽しみ。
シングルもすごいよかったもんね~。

そしてもう一回気を取り直すと…。

またですか。
またもや、限定ライブご招待なのですか。
しかも、そのライブをDVDで抽選配布ですか。

orz

もういやなんだよー。
ギネス級に落選つづきなんだよー。
ライブはまあどうせ東京だろうし半分あきらめもつくけど、なんでDVDも全プレとかにしてくんないの?
プレミアって嬉しいと思う。
だけど、当たる人がいる一方で外れる人が大量にいるわけで。
その気持ちって結構つらいよ?


アルバム情報がきてうれしい気持ちとどんよりした気持ちでゆれつつのご報告でした。


Amazon

<初回盤>


<通常盤>


楽天

<初回盤>
<通常盤>

拍手

小喜利@松竹座 初日に入らせていただきましたー!

もうねー、剛さんがねー、もうねー、かわいくってねー!
たまらんっ!

とりあえずグッズのせておきまする。

<SUPER爆笑HAND> 1,600円

これ、なんだろーってゆってたんだよね。そしたらブレスレットでした!
わぁぁぁいw


ちゃんと小喜利の私とはいってる。
かわいらしいきれいな赤です。腕には二重にして巻いて、ぽちっととめる方式。
とめるところは3つついてて長さが調整できます。
ちっちゃい鈴が9個ついてますが、しゃらしゃらとかすかに音がするだけです。
これは外したかったら外せます。
二重にしなかったら、首でもいけますよー。

<おふくろさん>1500円

いわゆる巾着。これは思ってたとおりかな。そこはまるになっててちょっと固めのなんかが入ってます。


中は紺色でした。2重になってます、ちゃんと。


ティシューをいれたとこ!
ぴったり(笑)まさかこれ入れるためじゃないとは思うけど。

<おみくじティッシュ>300円

これ、案外おおきいの!比べるためにブレスおいてみた。
街中でもらうあの大きさだとおもってたのに、ちゃうかった。


側面には今回の予定がかかれています。


そしておみくじの意味は、このティッシュの色にあるらしく・・・開けると・・・。


がぁぁぁぁん!みんなにさんざん、んこ色といわれた~~!
色は、ピンク、黄色、茶色なのですがはたしてどれが当たりでどれが外れなのかわからずw

<あいうえおかきくけこたちつて・・・さげ> 1,800円

てさげ、かわいいよーっ。
ちゃんとしっかりとした帆布なの。白地に青い波模様っぽく。
見た目ぜんぜん小喜利ってわかんないし、これは使える。


横にタグでこっそりと小喜利主張してました。

ううーん、グッズクオリティが高い!
かわいくて普通に使える。
今回のグッズはちゃんとつおしチェックされてるのかなー?

あとグッズじゃないけど、おまけ。

これは、BTのときにぱーんとはじけ飛んだ金テープ。

なんと二日目は銀テープで中の文字も違ったそうな。
凝ってるねえ。

これね、1階のまんなかあたりと2階席前方に届いたそうな。
いっぱい取れたかたがちゃーんと後ろに後ろに回してたの。まったくもって争いなんてなかったのよねー。
もうそれみてるだけでほわっとしますよ。
あの見にくい金テ争いはみたくないし、剛さんに見せたくないよねー。
さすが剛ファン。
素敵な行いが身についてるなーと思った瞬間でした。

おまけ、2。

チケットもぎってもらって中に入るといただける、今日の記念品。
前回までちっちゃい座布団だったんだけど、今回はふくろ。
お守り入れにしようかなーっと席について、開けてみたら・・・


ひゃーっ!かみさまいたーーーーっ!

しかもなんかかわいいの!「ツヨ神」って(笑)
うふふふー。


そしてですねー、ぴらっとしたかみさまをさっそくラミネートパックしちゃいましたん。
これでくちゃくちゃにならない。

ツヨ神さま~。
これから、剛さんにもファンのみんなにも幸せいっぱい降りてきますように!

拍手

隙間のちょいちょい。
他の方のトークの時とかも後ろで写ってたりして、結構たのしめたんですけどもー。

平井けんさんのMVにおかあさんが登場してて、ご実家でご飯を食べてる様子が写ってるんですけどそれを見てる剛さんがもう、ずっとにこやかにうんうん頷いてるのー。
何が食べたい?と聞かれたのですき焼きってとこでうんうん。
すき焼きは特別な時ですけどね、でうんうん。
剛さんのお誕生日のときも今年はすき焼きにしたんだったよね?
フェスでもお話できたのかなー?

その流れでおふくろの味は?という話になり、くるりの岸田さんが京都なんで煮物っていうんですか、野菜の炊いたんが、と。
タモリさんが、そういえば関西は「炊いたん」っていうよね?と問いかけたので剛さんが、炊いたんいいますね~、と。


そしたら、あ、あれ?そのお隣に座ってるかたがもう、じぃーーーっとつおしさんの顔をw

この二人なんか絶品じゃないっすか?
かわいーなー、おい。
ふたりともかわいい。



え、まさかのいわへんの?


こーさんは口尖らせて無言でふ~ん、みたいにきょろきょろして、そして最後にまたつおしをじっとみる。

ここのやりとりがもうめっちゃきんきさん!
かわいーんよねー!
剛さんの口調はのんびーりしてるしさ、こーちゃんはマイクを持ちもしない。
うーんかわいかった。

こーたんは関西弁になるくらい関西にはいたと思うんだがw
食に興味ないからしゃーないわな。(とりあえずフォロー)

全体的にぜーんぶたのしかった!
嵐さんとの共演も先輩風みれて楽しかったし、すてきなMステとなりました。




拍手

歌はね、間奏をちゃんといれてくれてたのがもうめっちゃ嬉しかったー!
生で流れてる時思わず息止めてたわ~。
いやー、いい。
素敵やった。

(あ、また震える人の次やって、目の前やったのはわらっちゃったけど)


はじめのところ。
二人が踊りながら交互に横切って行くここすきー!


踊ってる時に剛さんの手が常にひらひらして、すっごい好きなんだけどなんだろうって思ってコマ送りしてみたら、剛さんは手首使ってくるりくるりとしてるのね。
非常に鮮やかに映るのよ、それが。
今回バックが暗い色だったのもあって、二人とも手がとっても印象的。


そして一番好きなとこw
(すごい見にくいけどすいません)
剛さんが後ろ向きなところから、くるりと一周して正面を向くのですけど背中に着けてるひらひらが回るつよしさんに一歩遅れてついていくのです。
ここ大好物(笑)
ひらひらを派手にしたのはやっぱり暗めのバックと衣装だからかなー?
今回動きがあるので、めっちゃいい。


剛さんのちょいみだれ髪。
せくしー。


みんなだいすき、指ひとつで散る様子を表してます。
散って行ったのは、桜?それとも、涙・・。


最後のポージング。
手フェチにはたまらんねー。

とにかく踊るキンキ。

ライブではもちろん踊ってくれてるのですけど、TVでこうやってここまでしっかりと歌って踊ってっていうのは、なかなかに久しぶりなのでして。
若い子は踊るきんきを知らないとか(まあその前にキンキ自体知ってるのかどうか…自虐!)
こうやって見せてくれるのはほんとに嬉しい。
嵐といっしょにでたことで、いつもよりも見てくれた人も多いのかなとか(笑)

きんきさん、いいでしょ?
カメラアピールとか全くしない(できない)人たちですけどw

そういや途中で二人が向き合うところが一瞬あるんですが、ぱっと向き合った瞬間目があったのか(爆)おもったよりも近かったせいか、こーいちさんがさっと目をそらせてるのがばっちりと写ってしまっております。
このひとたち・・・。
後姿とかならものっそ見てるくせに。

最後に、どうでしたかといわれて、こーさんがまつじゅんとか相葉とかドラマで共演したことあるけど、こんなちっちゃかったのにな!って。
ほんとかわいかったのに。
嵐ファンのかたのなかではニノがちっちゃいといわれてるのかな?
つぶやきに、ニノよりちっちゃいっていうのがいくつもあって笑っちゃったよ。
そうなんです、きっとあのなかでいちばんちーちゃ、ちがう、ちゃーちいんす、つおしぱいせん。

今回は、まだ涙に~、の明るいほうでの歌声披露でもきっといいといわれただろうけど、このダンスをみせてもらえてほんとうれしかった。
やっぱりTVで披露しないとね!

これは、キンキまだまだがんばっていきますよっていう二人の表明であると受け取っています。
年末ライブ日程が去年より1日減ってるけど、追加になるのかどうかわからんけど、とにかくがんばろうとしてくれてんだろうなというのが伝わってくるので…応援がんばるー。


ぶらんちもかきたいーかきたいー、かけるかな…。

+++

追記!

おおー!すごい!
この恋散り、最後の指でなぞるとこ、散っていく様子もあらわしてるとおもうけど、「33」を描いてる!
ほほぉーw

33枚目万歳!

拍手

金曜日はMステご出演!嵐ちゃんとともに。

すっごいよかったなぁ~。
ミニステもきんきと嵐さんがメイン。


7年ぶりに共演ってことでー、と。
昔きんきさんのバックで踊ってた嵐さんが紹介されてました。


アナウンサーさんに当時のこと覚えてますか?と問われて。

T:そりゃもう鮮明に覚えてますよねー
K:絶対うそや
T:うんうんうん、すっごい覚えています(口尖らせて、うそついてる顔w)

嵐の皆さんは覚えてますか?ととわれて、大ちゃん、ニノがあれがはじめての出演でしたー、と。
それに、きんき兄さんは、

K:そうなんやぁ
T:ふぅ~~ん

とマジで頷いております。

(ちょっと間があく)

ニノ:…あれ?ってことは覚えてらっしゃらないってことですよね?
T:覚えてるよ、覚えてる覚えてる横顔とか全部覚えてる(ちょー軽い調子)
K:(突っ込まれてるつおしに顔がふにゃーっと全面笑顔)


そのあとこーいちさんが急にくるっとつおしにぶつかりながら、壁に貼ってある相葉ちゃんに、


K:あいば~!どうした!

相葉:こ、こっちです、こっちです
T:んふふ
K:そっちか

T:びっくりしたー、急にぺっらぺらなったなおもたぁ

ちょww
びっくりするのはこっちですよ。
壁のほうを振り向いて激突されてるにもかかわらず微動だにしない剛さんとか、びっくりしたーゆうから相方さんの動きかとおもたら、ぺらぺらなったほうかいっ。
安定すぎるきんきにぃさんに脱帽です。


オープニングでも、きんきさんと嵐さん久しぶりなんだって?とタモリさんにいわれて、相葉ちゃんのジュニアのころからなんで今日は緊張しています、とのコメントに兄さん風をふかせる二人。


つおしさんは親指を立ててちょけて、こーさんはウッス。

曲はじまる前のトークはほんと短くなったなあ。
あの妙な地方のVTRがあるからなあ…。
きんきさんは、合宿所時代の洗濯のはなし。

定番だけど。
剛さんはおばちゃんに頼んでたので、たまにV6の岡田のと間違って履いたりしてた、と。
こーさんはそれがいやで自分で洗濯してた。
こーさんのおぱんつにはおかあさんが「こーいち」と名前を書いてくれてたというお話も定番っすね。
そのあとまだ時間が余ったのか、タモリさんが嵐にも話を振ります。

んで、ニノが答えるんですけどそれを剛さんがくるっと振り向いて、見ます。
そのあと、なぜか顔まっかにしちゃうニノさん(笑)
なんだよ、なに照れてんだよw


そしてよろしくおねがいしまーす、のときの上目使いなつおし。
ちょーかわいい、完璧。

次に続くw
ながくてすいません。

拍手

嬉しいニュースが飛び込んできましたよ!




伝説のF1レーサーたちのライバル関係を超えるきずなを描いた米映画「ラッシュ/プライドと友情」(来年2月7日公開、ロン・ハワード監督)の日本語吹き替え版で、KinKi Kidsが主演2人の声優を務めることが決まった。堂本光一(34)が芸能界きってのF1ファンであることから白羽の矢が立った。2人は声優としては初共演で、光一がジェームス・ハント(93年に心臓発作のため45歳で死去)、堂本剛(34)がニキ・ラウダ(64)を演じる。

(略)

セナVSプロスト、ピケVSマンセルに並ぶ伝説のライバルを描くため、製作側は、専門家も驚くほどF1に精通し、09年の日本GPで公式VIPゲストとして招待された経歴を持つ光一と、結成20周年を迎えたキンキのパートナーでありライバルでもあるきずなに注目して、2人にオファー。映画を見て共感した2人が快諾し、初の声優共演が実現した。

そんな唯一無二の、ライバル関係を超えた男たちの絆を、日本語吹替版で確実に演じるのに、今年、結成20周年を迎えた「Kinki Kids」はまさに適役。お互いにソロ歌手、俳優、演出家としてそれぞれのフィールドを持ち、実績を積んできた2人だからこそ、製作サイドは 20年にわたるパートナーであると同時にライバルでもあり続けている「KinKi Kids」ならではの“絆”を作品に投影させてほしいと、白羽の矢を当てたという。

私生活ではフェラーリを所有するなど、自他共に認めるF1好きとして有名な堂本光一さんは、「少年の頃からF1の大ファンで、レースももちろんのこと、ドライバー同士のライバル関係等も各時代ごとに見てきました。ジェームス・ハントとニキ・ラウダの時代は生まれる前でしたがF1ファンとしてはやはり語り継がれる時代です」と、ファンとして喜びのコメント。

奔放なプレイボーイぶりを発揮するハント役には、「スポーツマンとしては現代では考えられない人柄ですが、命を懸けてレースをする者だからこそ感じる人生を、 F1の大ファンとして恥じることのないよう、自分の声で表現したいと思っています」と意気込みを語った。

また、“不死身”と言われたラウダを演じる堂本剛さんは、「F1の知識が少ない僕にも引き込まれていく映画でした。女性にも男性にも共感できる感情が沢山散りばめられている作品だと思います。この素晴らしい2人の世界観に、ご一緒させて頂ける機会をいただき大変光栄です」と、本作の重厚なヒューマンドラマとしての一面にも魅せられた様子だ。

声優としては初めての映画共演となる「Kinki Kids」の2人。まさに性格も、タイプも違う男たちが作り上げてきた、“友情”よりも、“ライバル関係”よりも深い特別な“絆”を、きっと余すところなく表現してくれるに違いない。

Kinki Kids、ライバル同士の天才レーサー描く『ラッシュ』で初の映画声優共演






なんとまさかの声優のお仕事。
しかも二人いっしょに、です!
いやー、びっくりしたなあ。

初めに聞いたときちゃんとした吹替えじゃなくって、ほらよくあるCMみたいなのでちょろっとアテレコするようなやつかと(笑)
ちがうんだー、ちゃんと全編吹替えなんだー。

光一さんは獣王星以来。
獣王星のときも、なんでこーさん?って初めに見るまでめっちゃどきどきしてた思い出。
そして夜中だったので、イヤホンで聞いてたのね…そしたらさー、ものっそ声が甘くて甘くてびっくりした。
しかも、違和感ないくらいにうまかった。
心配が一気にふっとんだなあ。

今度は剛さんが初挑戦ってことで。
どきどきすんね!
器用な彼のこと、たぶんおもしろいくらいにはまってくれるのでは、と期待はしてるんですけども。
でもちゃんと聞くまではうれしさと心配とでどきどきするわー。

予告もみましたが、内容もおもしろそうです。
ほんとに本物のF1みたいやねーん。
さすがやね。

F1は地上波でやってるときはそこそこみてた派。
こーいちふぁんだったしww
2月公開ってことで、すぐっちゃすぐですけどね、たのしみだーっ!

あと、剛さんの標準語を楽しみにしてる方がちらほらおられて、わらっちゃった。
たしかにね、最近は関西弁押し通してるからなー。

というわけでですねー、特典には二人がアテレコしてるところと、関西弁バージョンなんかつけていただけたら嬉しいんですけど!

映画は二人とも見たらしいけど、すでに録ったのかどうか。
劇場ではじまって、字幕を先見るのか、吹替えを先に見るのか迷いますね~。
はじまるまでに決めないと!贅沢な悩み(っていうかどうでもいい悩みw)


昨日、MVの事務所からオフショット写真がでるっていうので楽しみにしてたら、なんと集合は1枚。
しかも、全然オフってない歌ってるとこを横から撮ってるだけっていうね。
これには落ち込んだなー。
ソロはそれぞれに14,5枚ずつあって結構笑顔とか剛さんはドラムやギターをつまびいてるようなほんとオフの写真がちゃんとあるんですよ。
そのなかでこれを出す事務所の意向がね。

敵は事務所なんだと思い知らされたところでしたよ。

そして次の日にこの話。
これは事務所がきっと断ったらマイナスだと思って受けたんだろうけどね。
なんていうのかな、キンキキッズという母体があるのはやはり安心なんだな、と思ったのよね。
っていうのも、今朝から剛さんのソロのことを考えたりできるの。
それまで、きんきごとに必死って感じやってんけど、今朝急にしゃまあるばむのこととか気になったりしてね。
すっごい現金な脳してんなとおもった(笑)

先日から愚痴めいたことを落としちゃってるんですが、読んでいただくみなさんもやはり思うとこが大きいのかコメントも拍手もたくさんいただいてありがとうございます。

みんながね締めくくってる言葉が、キンキが続く限り応援していこうと思います、という言葉なんだよ。

もうこれを見るたびに涙ぐんでました。
なんて素敵なファンなんだろう。
いろいろ思うところもなんやかんやあっても、つながりが細かろうが太かろうが見守ってファンでいるという決意。
何人ものかたにそのコメントをいただいて、いいなあって思いました。

あ、それと昨日のオリコンデイリーは、キンキさんのシングルが1位でしたよ、ダントツ。
お店ではすでに売っていないところもいっぱいあるようなんですけど、事務所を動かすくらいキンキファンはキンキを望んでいることをしっかりと示したい。
数字がすべてだと結果だというのなら、結果を残そうじゃないの。

無理をせずにできる範囲でがんばろう。
心では常に思っているんだから。

ね♡



拍手

あかーーん!
朝からラジオが楽しすぎた!

今週から地味にラジオの番宣も始まっているのですが、朝のは横浜THE BREEZEのラジオでした。
直接聞けてなくって、完璧レポをおとしてくださったかたがいたので文字からなんですけど、もうそれだけで十分「俺たちきんききーっず!」なんですよ。

はじめにハロウィンの季節ですね、と(台本にきっと書いてある)。
K:自分のやってるゲームがハロウィンになる、ってくらいですね
T:…なるほど、ゲーム、なるほど…
K:(笑)

話広がらず。

次に、今なにかになれるとしたら何をやってみたいですか、という問い。
K:ぼくはレース関係のことならしたいと思うよ
T:やれたらいいよね、そんだけ好きやったらね
(というこの剛さんの声がたいそう甘かったらしい…ふっ)

T:ぼく、魚関係やりたい
K:さかな…泳ぐの?
(なんでや!)
T:いやいや、それ泳ぐ関係になっちゃってるよね
K:だって魚になりたいわけでしょ?
(なんでそうなるwそれってなんかずいぶん前にそんなことを剛さんがゆってたのを覚えていたのか?)
T:まあ、なりたい感はある、おまえよりは
(この言い方~!めっちゃつよしさん)

そしてこーさんが食いつきます。

T:あのー、自分で考えてデザインしたルアーとかさ…
K:その話はええわ
(ばっさり!そこは聞きたくなかったwww)
T:あっそう、結構夢やってんけど
(ここ、どんなテンションでゆったのかしら、ああもう)
K:それより、自分は海魚になりたいんか、川魚になりたいんか、湖魚になりたいんかが聞きたい
(なんで?なんでそこにごっつ興味?)
Tぼくはね、湖かな
(つ、つよしさん。ちゃんと答える剛さんがもうもうもう~)
K:おお!湖の魚になりたい。淡水魚!
T:淡水魚
K:おおーw

こーさんには魚になってるつおしさんが思い浮かんででもいるんでしょうか(笑)

T:根魚系です
K:おお~。
(といったわりにわかっていない)
K:なんですか、ねざかなって。寝てんの?
T:下のほうにいるやつです

この話がたいそう気に入ったらしいこーさん、この話おもろいと。

T:餌あったらちょっとたべて、あっちいこうかな?迷うからやめようかな…
K:(笑)

そして、しめくくりが、
K:ありがとうございます、楽しかったです

って、おい!
こーさんが楽しむラジオかいっ!
いや、もうわかってたよ、重々承知だよ。
二人で楽しんで放置してくれたらそれで満足だよ。ごちそうさんだよ(*^_^*)

このあとちゃんと番宣らしく曲についても語っております。

ほんの数分だけどすっごい楽しかったぁ。
昨日までぐだぐだゆってたことがふっとぶくらいのパワーがありました。
こーさんは剛さんの自由な発想話を聞くのが好きなんだな~。
やっぱり二人でいてくれると安心する。

これからのラジオも非常に楽しみだわー。
聞けるかどうか心配だけども。
お願いー、地方のキンキファンさんも仕事人になってがんばってぇぇ。
お願いします。


ツイッターで完璧レポをおとしてくださった、柚夜さん。
ありがと~~!

拍手

最近こんなことばっかりゆっててすいません。
いらない方は華麗にスルーしてください、まじで。




昨日、というか今日か。
夜中のテンションでいろいろなものを読んでいた。

キンキのこれからを考える、的なやつとか。
読んでてすぐにそれ書いてる人たちが、圧倒的にこーさん寄りの塊であるのはわかったんだけど、ついつい読み通してしまうとですね…。
恐ろしいことに、もうきんきどうでもいいんじゃね?とか思えてくるこの感じ。
わかる?
もうふたりともソロしてたらいいやん、いがみ合うもとやん、とかなってくるんよ。

洗脳されてる気はなくてもされちゃうんだよ。

これね、そりゃこーいち寄りのファンが読んでたらね、つおしのこと嫌いなヤなやつになっちゃうよ。
って思った。
こわいね。

あと、こーいちオンリがアンチになっていく様子を綴ったやつとかも読んだんだけど^_^;
確かにって思っちゃったのが、

自分の世界で一番大好きな人の隣に常に自分の一番嫌いな人がいるんだよ?

ってやつ。
それいわれたらもう剛さんのなにがどうとか関係ないよね。
良いも悪いも関係ない。ただただそばにいるのがいやなんだもん。
でもそれで嫌がらせの文章を延々と流すのがいかがなものかと思うけどさ。
あれでこーさん損してると思うよ。
いくら1000回達成しようが、いろんな方が褒めてくださろうがあれを目にした途端、ああ、やっぱジャニーズ、ヲタこえーな、ってなるよ。
でも、隣にいることを許しているのはこーさん自身だということを、忘れてるよね。
あと何度も言われているように、好きの反対は「無関心」。
妙に反発を覚えるような言い方をせずに、スルーしとけばいい。

↑あ、これ逆も然り、ね。
最近増殖中のこうゆうひとたち、やめてほしい。
剛さんが昨日ゆってらしたそうです「ファンみんな仲良くしてほしい」とね。

これは反論あるかもしれないけど、剛さんっていまでこそ、こんなだけど(笑)
こーいちさんに対して冷たいなあって思ったことは多々ある。
腫れ物に触るように扱われてた時期も長かった。
言葉もひねくれてるし、あまのじゃくだし、こーさんに対しては家族的な感情なんだろうけど自分の思うが儘ぶつけて、思うように返ってこないのでさらにひどくなる、とか。

こーさんはこーさんで感情を口に出せない人だから、剛さんはゆってほしい言葉をもらえなかったりしたんだろうね。
憶測だけど。

二人、でいる空気感は二人にとってはなんてことない穏やかなものなのかもしれないけど、長年にわたり見てきたファンや言葉の端々しか伝わらないファンは、もうこじれまくってるんだよ。

だから、お互いがお互いを語る言葉がほしい。
きんきのことをどうしていきたいのかを語る言葉がほしい。


先日、二人表紙のオリスタがでました。
これからガツガツと雑誌がでるので、どっかで語ってくれてるのかもしれないけど。

インタビューはひとりひとり、違う方が担当されて別々のインタビュー内容。
内容自体はいいものだったかもしれないけど、お互いにそれぞれトップであるためには孤独を思うことなんかも語ってたりね。
でもその言葉たちからきんきの未来を推し量る言葉を見つけられなかったんだよね…わたしには。

17年目にはいってきんきはどんな存在ですか?という質問に剛さんが答えてるのが、唯一はっきりとした内容でした。
答えは、
『うまく言えないけど、本当はもっといろいろやりたいって何年も思っています。ひと言でいうと、常に気をかけて生活してるもののひとつですね。』

剛さんらしい答えだと思った。
そして、あんまりはっきり言えないのかな?とも。

オリスタさんが裏話的に撮影時、「二人は特に気負うことなく、静かにゆっくりと撮影に応じた」と書いてくださってるんですがね。
気負ってほしいんだよ!
1年9か月ぶりの歌声なんだよ!

なんだかな…。
今現在のファンの気持ちとの温度差、を感じちゃった1冊となりました。
(数年後にみるとなんてことない、いつもの二人って感じなんだろうけどね)





拍手

<< 前のページ▲  ▲ 次のページ >>



ごあいさつ
ようこそ、いらっしゃいませ。

KinKi Kidsについて文を重ねています。とくに剛さん。
基本的に溺愛しております(*^_^*)そこから派生するいろんなこと、生きていることあっちこっちつつきます。
賛同していただけましたら、どうか拍手でも送ってやってください。
多少腐女子的傾向もありますので、お嫌いな方はお気を付けくださいね。

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
244_love
最新CM
[01/12 大翔]
[02/19 琥珀]
[01/21 えりさ]
[04/22 レイン]
[04/15 さや]
ぐーばー
最新TB
プロフィール
HN:
ymi
性別:
非公開
自己紹介:
あらゆることに手を出してますが、一つとして極めていません。

クリックで救える命がある。
メールフォーム
バーコード
ブログ内検索

Designed & PHOTO by TKTK


忍者ブログ [PR]